原作漫画「薔薇王の葬列」最終回&最終巻17巻感想&結末!!リチャードとティレルが入れ替わりで完結か!?バッキンガム死亡?【最終話】

  • URLをコピーしました!

原作漫画「薔薇王の葬列」最終回&最終巻17巻ネタバレ感想結末やラスト(最後)どうなったか、バッキンガム死亡か?

への考察や評価、評判・レビュー、口コミ等をまとめました

目次

注目Kindleセール

【今週話題の電子書籍Kindleセール】

●【50%ポイント還元】一迅社 冬の漫画大セール(12/15まで)

→「ヲタ恋」、「先輩がうざい後輩の話」等1000冊

●【50%ポイント還元】百合姫 冬の人気漫画大セール(12/15まで)

→「ゆるゆり」、「私の百合はお仕事です」等700冊

●【最大50%ポイント還元】冬の人気小説大セール(12/15まで)

→「そして、バトンは渡された」、「ノルウェイの森」等9000冊

●【65円以下】講談社ラノベ文庫 ラノベ65円以下セール(12/22まで)

→「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」、「魔法使い黎明期」等150冊


1、原作漫画「薔薇王の葬列」最終回&最新刊17巻ネタバレ感想結末

原作漫画「薔薇王の葬列」最終回&最新刊17巻ネタバレ感想結末やラスト(最後)どうなったかですが

いきなり最終話だけ説明しても意味不明だと思うのでまずは最近のあらすじを解説します。

【「薔薇王の葬列」最終巻17巻のあらすじや内容を分かりやすく解説】

1、ラスボス・リッチモンドとの戦いの為、リチャードはボズワースへと向かいます。

道中でヘンリー六世と酷似するティレルに会う。彼と友達になり生きる意味を再確認する

【感想】

リチャードはヨーク公が実の父親でないと分かり憔悴しきっていますね

そしてラスボスは史実通り、リッチモンド...。やはり悲劇的な結末になるのでしょうか

2、ボズワースの戦い前夜。リッチモンドとべスの結婚(白薔薇と赤薔薇の結合)リチャード陣営が知ります。

諸侯に裏切りの気配が出てきます。

ケイツビーはリチャードに撤退する様進言しますが、リチャードの意志は強く明日リッチモンドと決着を付ける事に。

その夜、リチャードとケイツビーは一緒に寝ます。そして幸福な夢を見るのであった

【考察】

負けフラグがドンドン立っていますね...。確実に諸侯が裏切りそうです。

リチャードは撤退しませんでしたか...。

まあボズワースの戦いは、史実だとリッチモンド側の兵力が5000人。リチャード側が8000人なので...そりゃあGO!!ですよね

リチャードとケイツビーが幸せそうに寝るのも...完全な負けフラグで複雑な気分になります

4、リッチモンド陣営にティレルから、「とある情報」が垂れ込まれる。薔薇戦争の行方はいかに?

【感想】

「とある情報」はリチャード陣営にいる貴族達が「内通したい」と言ってきたのでしょうか

史実通りなら多分その伏線ですよね...

1-1、最終話のあらすじ・内容

ここあら「薔薇王の葬列」最終話のあらすじ・内容です。

「月刊プリンセス2022年2月特大号」に掲載していますよ。

【原作漫画「薔薇王の葬列」最新話&最終巻17巻ネタバレ考察や感想】

1、ボズワースの戦い。リッチモンド伯ヘンリー・テューダーvsリチャードの最後の戦いが始まる

オックスフォード伯などリッチモンド軍は捨て身の突撃でリチャード軍の前衛を崩す。スタンリーは日和見

【感想】

リチャードは敵軍の前衛さえ崩せば勝てると言う戦い方に疑問を持っていますね。

リッチモンド側の策略なんでしょうか。わざとリチャード軍を自軍の懐に進軍させたい?

面白くなってきました

2、リチャードは前衛に援軍を送ろうとノーサンバランド伯に伝令を送るも、ノーサンバランド伯も裏切り。

リチャードは自ら突撃をする。

するとスタンリーもリッチモンド軍に付きそうな気配が漂う

ケイツビーは退却をリチャードに進言するも、リチャードは再度突撃

【考察】

続々と貴族達が裏切っていきますね。

史実を知っている読者からするとケイツビーの言う通り退却して欲しいんですが...。突撃してしまいますか...

ただ中世の戦争は、兵士の士気が低く、敵の大将を討ち取ったらそれで勝利みたいな所があるんですよね。(残りの兵士は逃亡してくれる)

なのでリチャードの戦法も間違っている訳ではありません。

3、リチャードはリッチモンドの首を斬る事に成功するも、影武者だった。

オックスフォード伯などリッチモンド軍全軍がリチャードに襲い掛かる。

リチャードは一人で敵を斬りまくりますが、敵兵の弓が馬に当たり、落馬してしまいます。

リッチモンドもその機会に出撃。

【感想】

打ち取った大将は影武者。なるほど...こういう戦略でしたか...

そしてリチャードは「三国無双」並に一人で善戦しましたが、馬を狙われ落馬ですが...

これだけ敵に囲まれたらもう無理でしょう。いよいよ最後の時が迫ってきました

4、リチャードの回想。魔女ジャンヌダルクの幻影等を見る。

またリチャードは敵に斬られまくります。

そしてジャンヌダルクの正体はもう一人の自分だった事を悟ります

リチャードに止めを刺そうとする兵士。

そこにティレルが登場し、自分が本物のリチャードだと影武者になり敵を引き付けます

【考察】

なるほど...ティレルはボズワースの戦いでリチャードの影武者になるべく登場した人物だったんですね...

またジャンヌダルクの正体は自分でしたオチでしたね

5、リッチモンドは死亡したティレルを見てリチャードが死亡したと思い込み、王冠を自分の頭に付けます

ケイツビーはリチャードを抱きながら馬で逃走していきます。

リチャードの目はどんどん細くなっていき沢山の花が咲いている場所の夢を見ます

【感想】

ティレルは死亡エンドでしたか。

そしてケイツビーは中々美味しい所を持っていきますね~。

ちなみにケイツビーはこれで生存確定です。結構死亡フラグありましたが、最後まで生き残りましたね

6、ラストシーン。沢山の白いバラの中で眠るリチャードの一枚絵で完結(連載終了)

リチャードの生死(生きてるか死んだか)は読者のご想像に任せるエンドでした

【考察】

史実通りボズワースの戦い(ヨーク派の国王リチャード3世vsランカスター派のリッチモンド伯ヘンリー・テューダー戦)でリチャードが敗北し終わりましたね。

リチャードとティレル入れ替わりオチで来ましたか...。

戦死オチでも良かったんですが、このラストも余韻があったり、色々考察が出来、深みがあっていいですね

1-2、登場人物の結末や最後一覧

原作漫画「薔薇王の葬列」登場人物(キャラ)の結末やその後、最後一覧です

  • リチャードの結末や最後→ボズワースの戦いに敗れ死亡
    • 本名リチャード3世
  • ヨーク家エドワード四世の結末や最後→病気で急死(死亡)
  • ジョージの結末や最後→ティレルに暗殺される。(死亡)
    • 本名ジョージ・プランタジネット (クラレンス公)
  • ランカスター家ヘンリー六世の結末や最後→リチャードに刺殺される(死亡)
  • ランカスター家エドワードの結末や最後→ジョージとリチャードに殺される(死亡)
  • ティレルの結末や最後→リチャードの影武者になり死亡
  • バッキンガムの結末や最後→反乱を起こしリチャードに殺される(死亡)→
    • 本名ヘンリー・スタッフォード
  • ヨーク公の結末や最後→ランカスター家との戦いに敗れ処刑される
    • 本名リチャード・プランタジネット
  • エリザベスの結末や最後→生存。史実ではその後も平穏に暮らす
  • イザベルの結末や最後→ジェーンの薬で死亡
  • アンの結末や最後→病気で死亡
  • リッチモンドの結末や最後→リチャードに勝利し国王となる

1-3、妊娠や子供の伏線はどうなった?

「薔薇王の葬列」リチャード妊娠や子供の伏線はどうなったかですが、特にオチが付かないまま終わりました。

1-4、終わり方やオチは?

「薔薇王の葬列」終わり方やオチ、ラストはどうなったかと言うと

ボズワースの戦いでリッチモンドに敗北。ティレルが身代わりとなっている間に逃亡。

傷だらけの中リチャードが「自分は自分を愛している」と言う結論に達し、眠る所で終わりました。

2、「薔薇王の葬列」8巻の表紙は誰?

「薔薇王の葬列」8巻の表紙は誰かですが、「アン」ですよ。

3、誰とくっつく?恋愛の結末は?

「薔薇王の葬列」リチャードは誰とくっつく?恋愛の結末は?を解説すると

最終的に誰とくっ付いたとかは無かったですね。リチャードの大切な人は皆死亡してしまったので...。

強いていうならバッキンガムエンドと言う感じなんでしょうか...。

リチャードが好きだったのはヘンリーとバッキンガム、結婚相手はアン...。うーん複雑ですね

3-1、リチャードとアンはくっつく?

「薔薇王の葬列」リチャードとアンはくっつく(くっ付く)かですが、結婚してアンは王妃になりました。

ただ16巻で血と殺戮うずまく王宮に嫌気がさして王宮から逃亡。

リチャードに「愛して欲しかった」「貴方に愛して貰いたいと言う棘に縛られ続けていた」と告げます。

リチャードはそんな彼女に涙を流しながら謝罪し、その棘を断ち切ります。

その後、病気(恐らく結核)でアンは死亡しました。

3-2、リチャードとバッキンガムはくっつく?

「薔薇王の葬列」リチャードとバッキンガムはくっつく?かを解説すると

一応、くっ付いた感じなんでしょうか。肉体関係は結んでいます。

ただその後、バッキンガムはリチャードに玉座を捨てて自分と一緒にどこか別の所で暮らそうと提案。

リチャードが断ると、内乱を引き起こします。

「リチャード三世」と「バッキンガム公爵」と言う存在を世間から消し、国外で二人で暮らしたかったようです。

戦いはリチャードが勝利、バッキンガムは逃がしてもらいますが、自首。

「リチャードに悪徳の道を進ませてしまった事」「自分がリチャードの行く先を遮る棘である事」を後悔し、処刑を望んだ様です。

そして、リチャードの手で処刑されました。

4、バッキンガム死亡?

「薔薇王の葬列」バッキンガムが死亡したかですが

前述した様に死亡しましたよ。

リチャードと二人どこか別の場所で暮らす為、「リチャード3世」を殺そうと反乱を起こしました。

そして敗北。リチャードはバッキンガムを逃がしたのですが、「自分はリチャードの行く手を阻む薔薇」と出頭。

リチャードの手で処刑されました。

4-1、バッキンガム嫌い?

「薔薇王の葬列」バッキンガム嫌いとサジェストに浮上していますね。

何でも一部のファンはヘンリー×リチャードのヘンリチャエンドを望んでいた

それなのにバッキンガムと肉体関係を結んだ事で...怒ってしまった様です。カップリングを巡る争いですね。

5、打ち切り理由はなぜ?

原作漫画「薔薇王の葬列」打ち切り理由はなぜ?かと言うと

打ち切りではなく円満終了ですよ。

最後駆け足で誤解してしまった方が多い様ですね。

原案の「リチャード三世」がここで終わりですし...売上(発行部数)が180万部の大ヒット作。

「月刊プリンセス」側が打ち切りにする事はありえません。

番外編もやらせてもらえますしね。

6、「薔薇王の葬列」みたいな漫画や似た漫画は?

「薔薇王の葬列」みたいな漫画や似た漫画でおすすめですが

うーん、少女漫画でダークファンタジ×歴史漫画ってあまり無いですよね...。

世界史漫画と言うくくりでいいなら「ヒストリエ」「ヴィンランドサガ」「キングダム」「狼の口」辺りがオススメでしょうか。

7、元ネタやモデルは?

「薔薇王の葬列」元ネタやモデルを解説すると

シェイクスピアの「リチャード三世」「ヘンリー六世」を原案にしています。

7-1、パクリ?

「薔薇王の葬列」はパクリではなく、前述した様に「リチャード三世」等を原案にしていると公言、表記していますよ。

8、読み放題は?

「薔薇王の葬列」は現在読み放題(サブスク)はやっていないようです。

秋田書店作品なのでいずれKindleアンリミテッド等で3巻位までは読み放題やりそうですね。

「薔薇王の葬列」カップリング人気ランキングですが、詳細は不明ですが

9、アニメいつから?

「薔薇王の葬列」アニメいつからかと言うと2022年1月9日から放送しますよ。

注目「電子書籍Kindle」セール

【大規模Kindleセール】

●【最大50%ポイント還元】冬の漫画&書籍大セール(12/15まで)

→「うらみちお兄さん」、「私に天使が舞い降りた」等40000冊

●【50%ポイント還元】文藝春秋 冬の書籍&小説大セール(12/15まで)

→「嫌われた監督」、「容疑者Xの献身」等4000冊

●【50%ポイント還元】東洋経済新報社 127周年人気ビジネス本セール(12/9まで)

→「ストーリーとしての競争戦略」、「13歳からの地政学」等3000冊

【漫画Kindleセール】

●【50%ポイント還元】百合姫 冬の人気漫画大セール(12/15まで)

→「ゆるゆり」、「私の百合はお仕事です」等700冊

●【50%ポイント還元】一迅社ゼロサム 冬の人気漫画セール(12/15まで)

→「乙女ゲームの破滅フラグ」、「神クズアイドル」等1000冊

●【50%ポイント還元】一迅社 冬の「comic POOL」人気漫画セール(12/15まで)

→「ヲタクに恋は難しい」、「先輩がうざい後輩の話」等120冊


●【50%ポイント還元】一迅社コミックREX 冬の人気漫画セール(12/15まで)

→「政宗くんのリベンジ」、「お兄ちゃんはおしまい!」等600冊

●【1~3巻50%OFF】秋田書店 12月の人気漫画セール第一弾(12/14まで)

→「あつまれ!ふしぎ研究部」、「はるかリセット」等50冊

●【50%ポイント還元】朝日新聞出版 冬の人気漫画大セール(12/15まで)

→「落第忍者乱太郎」、「あたしンち」等1000冊

●【最大50%OFF】電撃マオウ 「17周年」人気漫画セール(12/8まで)

→「ざつ旅」、「まったく最近の探偵ときたら」等140冊

【小説&実用書Kindleセール】

●【50%ポイント還元】文藝春秋 冬の人気小説セール(12/15まで)

→「コンビニ人間」、「そして、バトンは渡された」等3000冊

●【50%ポイント還元】小学館 冬の人気小説セール(12/15まで)

→「下町ロケット」、「神様のカルテ」等2000冊

●【50%ポイント還元】光文社 冬の人気小説セール(12/15まで)

→「舟を編む」、「カラマーゾフの兄弟」等4000冊

●【30%OFF】角川 2022年ベスト小説セール(12/15まで)

→「夜は短し歩けよ乙女」、「グラスホッパー」等500冊

●【30%ポイント還元】講談社 冬の人気小説セール(12/15まで)

→「ノルウェイの森」、村上春樹「風の歌を聴け」等250冊


●【50%ポイント還元】朝日新聞出版 冬の人気小説セール(12/15まで)

→辻村深月「傲慢と善良」、「吸血鬼ハンターD」等500冊

ラノベKindleセール】

●【65円以下】講談社ラノベ文庫 ラノベ1巻65円以下セール(12/22まで)

→「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」、「魔法使い黎明期」等150冊

●【219円】ラノベ「本好きの下剋上」219円セール(12/14まで)

●【最大70%OFF】ラノベ「無職転生」セール(12/8まで)


●【99円】ラノベ「賢者の孫」99円セール(12/15まで)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次