アニメ&漫画「薔薇王の葬列」人物相関図や関係図をわかりやすくネタバレ解説&考察!!

アニメ&漫画「薔薇王の葬列」人物相関図や関係図をわかりやすくネタバレ解説&考察していきます。

目次

1、アニメ&漫画「薔薇王の葬列」人物相関図や関係図

「薔薇王の葬列」は人物名が覚えられない、関係が難しい・複雑と言われていますね。

と言う事で人物相関図や関係図を解説していきます。

1-1、菅野文先生が作った人物相関図

まずは、原作者・菅野文先生が作った人物相関図の画像です。

菅野先生がファンの為、手作りしツイッターにアップしたものですね。

1巻時と3巻時の人物相関図

次は1巻時と3巻時の人物相関図です。

アニメ1期に関してはランカスター家とヨーク家の主要登場人物10人位を覚えてしまえば、大分ストーリーに付いていけるはず。

1-2、月刊プリンセスが作った人物相関図

「月刊プリンセス2022年2月号」に最終的な関係図が掲載されていたので引用させて頂きます。

引用元・「薔薇王の葬列」 「月刊プリンセス2022年2月号」9ページ 秋田書店 月刊プリンセス 菅野文

(スマホの方は画像が小さくて文字が見えないかもしれませんね)

引用元・月刊プリンセス2022年2月号9ページ 秋田書店より

この図はかなり関係性について分かりやすくしてくれていますね。

2、「薔薇王の葬列」人物相関図や関係図をわかりやすく解説

「薔薇王の葬列」人物相関図や関係図をわかりやすく解説していきます。

「薔薇王の葬列」は登場人物が外国語の名前で覚えづらかったり、同一同名の人物がいる為、「人間関係が意味不明」と言う方がいますが、整理すれば結構、シンプルです。

  • リチャードの関係性
    • 「ジョージ」「エドワード」と言う兄弟がいる
    • 「バッキンガム」「ケイツビー」と言う信頼出来る仲間・部下がいる
    • 「アン」と言う奥さんがいる、しかし好きなのは「ヘンリー」
    • ランカスター家のヘンリー6世とエドワードと対立している
    • 終盤ではリッチモンドと言う人と争っている

恐らく、これだけ覚えてしまえば何となくはついていけるのではないでしょうか?

3、薔薇戦争やヨーク家、ランカスター家の関係が難しい?

「薔薇王の葬列」は薔薇戦争やヨーク家、ランカスター家の関係が難しいと言うレビューが多いのでこちらも分かりやすく解説していきます。

恐ろしくざっくり解説すると

  1. 中世の14世紀イングランドでは
  2. 「ヘンリー6世」や「エドワード」達のランカスター家
  3. 「エドワード」「ジョージ」「リチャード」のヨーク家
  4. この2つが王位継承を巡り薔薇戦争と言う30年にも及ぶ戦争をしている

これだけ覚えていれば何とかなると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる