「薔薇王の葬列」ヘンリーは生きてるか死んだかを考察!!ティレルとの関係性や、正体・年齢は?ヘンリーとリチャードはくっつく?

アニメ&原作漫画「薔薇王の葬列」ヘンリーは生きてるか死んだか、ティレルとの関係性や正体、年齢をネタバレ考察&感想、解説していきます

目次

1、「薔薇王の葬列」ヘンリーは生きてるか死んだかをネタバレ考察

コミック「薔薇王の葬列」ヘンリーは生きてるか死んだかですが

最終的には死亡しました。

一回死亡?→実は「ティレル」として生きていました→リチャードの身代わりとなって最後本当に死亡…
と言った結末ですね。

  1. リチャードに刺されて死亡か?
  2. 実は記憶を失ったものの「暗殺者ティレル」として生きていた(生存)
  3. 物語終盤「ボズワースの戦い」でリチャードの身代わりとなり死亡

1-1、第一部はヘンリー死亡で完結?

まず、リチャードはエドワードからヘンリー六世を殺す様命じられます。

リチャードはヘンリー6世に自分は男でも女でもない両性具有だと言う事を告白。

その上で「愛してくれ」と涙ながらに頼みます。

二人はキスをするものの、ヘンリー六世は長い幽閉状態から錯乱状態に陥っていてリチャードを「血まみれの悪魔」と呼び始めます。

その結果、「黙れ」とリチャードはヘンリーを刺殺。

そしてヘンリー死亡...で第一部完結と言った流れでした。

1-2、「ジェイムズ・ティレル」として生きていました

そして第二部、ヘンリーは実は生きていました。

記憶を失い、「ジェイムズ・ティレル」と言う名前で暗殺者として生計を立てていました。

なぜ、生きていたかの経緯はカットされていて不明。

8巻31話の回想から推理すると

  1. ケイツビーがヘンリーの偽物の死体を用意
  2. リチャードがヘンリーを刺す
  3. ケイツビーがヘンリーと偽物の死体を入れ替えて逃がした?
  4. とにかく偽物の死体がヘンリー6世の死体として認知される
  5. 本物ヘンリーは治療を受け、どこか別の所に運ばれる?
  6. その後色々ありフォレストとダウトンに拾われて「ティレル」と名付けられる
  7. その後、暗殺者となる

この様な感じで、ヘンリーは「ティレル」となりました。

1-3、最後死亡

白ヘンリー=ティレルはその後、暗殺者として様々な要人を殺したり暗躍していきます。

ただ、リチャードとリッチモンドの戦い「ボズワースの戦い」でリチャードの身代わりとなり、今度は本当に死亡してしまいます。

白馬に乗り、リチャードのフリをして敵兵を引き付け、斬殺されました。

2、ヘンリーとティレルの関係性や正体は?

「薔薇王の葬列」ヘンリーとティレルの関係性や正体ですが

記憶を失ったヘンリーがティレルと言う考察が多いです。ただの生き写しや転生ではなく本物でしょう。

3、ヘンリーの年齢は?

原作漫画「薔薇王の葬列」ヘンリーの年齢は不明です。

史実通りなら49歳なんですが...この漫画ではリチャード3世の少し上位に改変していましたね。

菅野文先生的には何歳位の設定だったんでしょうか。

4、ヘンリーとリチャードはくっつく?付き合う?

「薔薇王の葬列」ヘンリーとリチャードはくっつくか付き合うかですが

最終的にくっ付く事はなかったです。

リチャードは愛してくれと頼みましたが、ヘンリーはその時精神的に錯乱状態に陥っていたんですよね。

それでリチャードを悪魔とののしり、刺されてしまいました。

5、ヘンリーの結末や最後は?

「薔薇王の葬列」ヘンリーの結末や最後(ラスト)、その後どうなったかと言うと

前述した通り、リチャードに刺され、記憶を失いティレルとなる。そして、最後ボズワースの戦いで死亡です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる