週刊少年ジャンプの入稿遅れとアンケート掲載順位の関係や仕組み、意味は?人気順位のまま?打ち切りの条件や基準、あるあるは?

  • URLをコピーしました!

週刊少年ジャンプの入稿遅れとアンケート掲載順位の関係や仕組み、意味は?打ち切りの条件や基準、あるあるは?

への考察や解説、感想・裏話、評判等を記事にしました

目次

1、週刊少年ジャンプでは入稿遅れがあると掲載順位が低下する?

週刊少年ジャンプでは入稿遅れがあると掲載順位が低下すると言う噂や都市伝説がありますね。

調べてみた所、実際に原稿が遅れると掲載順位が下がる事がまれにあるみたいです。

と言うのも、「ワンピース」の尾田先生がある週「今週の掲載順(9位)は入稿遅れが原因」ですとコメントしたんですよね。

原稿を担当編集者に渡すデッドラインを超え過ぎた結果、アンケート順位が1~3位→9位に大幅に下げられてしまったみたいです。

ただペナルティと言う訳ではなく、製本の構造上、ギリギリに挟み込みやすい部分に入れているだけの様ですよ。

この原理については「印刷用紙の色が最後に変わるページに挿し込まれる込まれる説」「製本の構造上ドベ付近に挿し込まれる」説等色々ありますが...全部噂なので真相は不明です。

2、入稿遅れが原因でアンケート掲載順位がドベになる?

週刊少年ジャンプは入稿遅れが原因でアンケート掲載順位がドベになると言う噂もありますね。

ただ、これはそんな事ないみたいです。単純にその作品が不人気なだけと言う説が有力です。

と言うのも前述した様に「ワンピースが入稿遅れした時に掲載順位が9位」だったんですよね。

つまり、人気があれば入稿遅れしても真ん中辺りの掲載順位は維持出来るんです。

「アンデッドアンラック」「マッシュル」等がアンケート下位なのは、入稿遅れではなく純粋にアンケが不人気なだけのようです。

ファンが現実逃避で「今週は入稿遅れだよね...」と言っているだけの様ですね。

3、ジャンプの掲載順の意味や仕組みは人気順?

「週刊少年ジャンプ」の掲載順の意味や仕組みは人気順か?を解説すると

人気順ではありませんが、人気がある漫画は前半、人気がない作品は後半に配置される様です。

これは「ラジオジャンプ」で本田班長や大西副編集長が語っていたので噂ではなく、本当にこの通りみたいです。

お二方の発言を要約すると

  1. 「週刊少年ジャンプの掲載順位は厳密には人気順ではない」
  2. 「アンケートを元に副編集長がこの漫画の次にはこの漫画かな、バトルの次にギャグ入れようかな等バランスで配置している」
  3. 「基本的に人気漫画が前半、人気が無い漫画は後半に配置される」

との事。

アンケート掲載順位は人気順ではないが、人気がある作品は上半分に掲載され、人気がないと下半分に配置される様です。

また、その週の掲載順位を考える副編集長の考えも大いに反映されるみたいです。

その他、ネットの真偽不明の噂では

  • 小学生や中学生のアンケート票を重視する。
  • 掲載順位は8週毎のアンケート結果+ジャンプ編集長や編集部の押しで決まる
  • 新連載の打ち切りは3週までのアンケート結果で決まる
  • 大御所やベテラン作家にはアンケート人気関係なく途中でセンターカラーが貰える
  • 基本的に20週以内でセンタカラーを貰えたら人気。当分の生き残り確定。
    • 1話の巻頭カラーと2~3週のセンターカラーは抜く
  • 人気作は最終回でセンターカラーか巻頭カラーを貰える
  • 掲載漫画のページ数が変わる時等に掲載順位がシャッフルされる事がある

等があります。

4、掲載順位は1週~5週位までは補正あり?

週刊少年ジャンプの掲載順位は1週~5週位までは補正があると言う噂がありますね。

やはり前半にあると沢山の人が読みますし、後半だとつまらない漫画だと思われてしまいやすいです。

その為、新連載の漫画は1週~8週までは事前に掲載順位を決め、アンケート人気関係なく配置するみたいです。(噂ですが)

ただ、あまりに不人気だと6週~8週目位からそのプロテクトを解除され、掲載順位下位に配置されてしまうみたいです。

5、打ち切りの条件や基準は?どうやって決まる?

「週刊少年ジャンプ」打ち切りの条件や基準は?どうやって決まる?かですが

これは中野編集長がインタビューで明言していました。

要約すると

「まず新連載の本数を決めてからその本数分完結させる作品を決める」「アンケート人気と誌面のバランスで決める。ギャグ漫画が始まるならギャング漫画が終わったり、バトル漫画が始まるならバトルが終わったり」

ジャンプの編集長や副編集長、班長等10人位の合議制で決めるみたいですよ。

また、ネットの噂では単行本売上が微妙だと1年・2年の連載期間の壁を超えさせないとか何とか...。

6、アンケート最下位(ドベ)から表紙巻頭カラーやセンターカラーの仕組みは?

「週刊少年ジャンプ」アンケート最下位(ドベ)から表紙巻頭カラーやセンターカラーを貰える仕組みを解説すると

ラストチャンスでカラーを貰えるみたいです。

「ラジオジャンプ」で「銀牙―流れ星 銀―」の作者が暴露していましたが

人気漫画がアンケートドベ付近になり、そろそろ打ち切りか...と言った状況になると、編集部がラストチャンスの意味でカラーをくれるんだとか。

それで人気が回復したら、まだ戦えますし、人気が回復しなかったら打ち切りになってしまう様です。

よって、掲載順位ドベの漫画がいきなり巻頭カラー等になった時は人気が回復した訳ではなく、ラストチャンスと言う意味合いが強いので、逆にアンケートを送った方がいいですよ

7、ジャンプの打ち切りはもったいない?短い?

ジャンプの打ち切り制度に対して「もったいない」「短い」「厳しいの残念」「ゆっくりやれよ」「酷いよ」と言う意見がありますね。

ただ妥当と言う意見も多いんです。

漫画家さんや編集者さんは最初の1話~3話に全力を注ぎます。

なのでここがつまらなかったら...この後も面白くない可能性が高い。

また、1話~3話のアンケートが悪いと言う事は「主人公のキャラ」がウケていない可能性が高いんです。

漫画はキャラが9割。主人公がウケてない漫画を無理やり続けても人気が出る事はありません。

それなら、長く続けるよりも打ち切ってあげて、別の新連載をやらせてあげた方がいいんです。

「ハンターハンター」の富樫先生も「打ち切りは良心」と言っています。

ハリウッドでは脚本の最初の10ページが微妙だったらゴミ箱に捨てられます。

最初の10ページの「情報の明瞭化」や「キャラ立て能力」でその脚本家の実力が分かるからです。

そこがつまらなかったら、それ以降もつまらない。

同じように漫画も最初の1話~3話が微妙だったら、それ以降人気が出る事はマレなので...打ち切って別のチャンスを上げた方が作者の為なんです。

8、バクマンで掲載順位の裏話あり?

「バクマン」で週刊少年ジャンプの掲載順位の裏話がありましたね。

単行本が50万部売れているとプロテクトされ、打ち切りにはならないetc

これは真実で「ジョジョの奇妙な冒険」や「ルーキーズ」等は本当にそれで打ち切りにはならなかったみたいです。

「ハンターハンター」が打ち切りにならないのもその為なんでしょうか

9、打ち切り漫画の収入は?

「週刊少年ジャンプ」打ち切り漫画の収入ですが、意見が分かれています。

10週等で打ち切りになると赤字になると言う噂があるんですが...

20週近くで打ち切りになった「少年疾駆」の作者がラジオジャンプで「黒字だった」「その貯金で当分働く無くても良かった」と発言しているんですよね。

うーむ、10週以上持てば結構黒字な感じなんでしょうか。

基本的に打ち切り作家の収入は

「原稿料1ページ1万2000円×週20ページ×20週」+「専属契約料(新卒サラリーマン位?半年で30万円?)」+単行本売上(印税40円×5000部~10000部×2巻~3巻)

そこから経費(アシスタント代+家賃+光熱費etc)

アシスタント代を雇い過ぎなければ、月収20万位は稼げている感じなんですかね。

新人作家が借金を背負うのを防ぐ為、瓶子編集長や中野編集長が突き抜け制度(10週打ち切り)を無くしたと言う噂もありますね。

10、アニメ化プロテクトあり?

「週刊少年ジャンプ」にはアニメ化プロテクトがあると言う噂もありますね。

「チェンソーマン」の林子平担当編集がインタビューで、「アニメ化が決まってからは打ち切りを気にせず好きにやれた」的な発言をしていて、話題になっていた様です。

まあ、アニメ化でこれから単行本がどんどん売れるであろう作品を無理に打ち切り必要はありませんよね。

アニメ終了までプロテクトする事は会社として当たり前の戦略でしょう。

11、打ち切りの最速話数は?

「週刊少年ジャンプ」打ち切りの最速話数は「チャゲチャ」の8週です。

12、打ち切りから復活した作品は?

「週刊少年ジャンプ」で打ち切りから復活した、連載再開した漫画は「ライジングインパクト」1作品のみです。

13、ジャンプ打ち切りあるあるは?

「ジャンプ」打ち切りあるあるですが

  • 打ち切りが決まってから重要な設定を出し惜しみせず出してきたり、テンポが良くなるので面白くなる
  • ~先生の新作にご期待下さい
  • 俺達の戦いはこれからだ
  • 打ち切り前に「新章突入」
  • 急にバトル漫画化する等テコ入れ(路線変更)がある
  • 作者の巻末コメントで鬱コメントが増える
  • 絵が荒れたりやる気がどんどん無くなっていく
  • 主人公がイケメンになる。メガネキャラがメガネを外す

辺りでしょうか。

本日の注目Kindleセール

大規模フェア

●【50%ポイント還元】講談社 人気小説大セール(6/9まで)

→「ハサミ男」、「十角館の殺人」等7000冊

●【5冊で10%ポイント還元】人気漫画&書籍まとめ買いセール(5/30まで)

→「スパイファミリー」、「東京リベンジャーズ」等

漫画セール

●【11円】佐藤秀峰 人気マンガ11円セール(6/14まで)

→「ブラックジャックによろしく」、「海猿」等

●【1~3巻50%OFF】秋田書店 5月の人気漫画セール第五弾(6/2まで)

→「僕の心のヤバイやつ」、「シグルイ」等

●【無料】漫画「ブラッククローバー」1~26巻期間限定無料フェア(6/5まで)


●【30%OFF】春の漫画合本セール(6/6まで)

→「エリアの騎士」、「ゲットバッカーズ」等。(1巻は対象外で定価です)

●【1万円以上で25%ポイント還元】Kindle本まとめ買いセール(5/31まで)

→エントリーして1万円以上買うと6週間後、全冊25%ポイントが付くみたいです。3000pt上限。

ラノベフェア】

●【50%OFF】角川 ラノベ合本セール(6/9まで)

→「イリヤの空、UFOの夏」、「ストライクザブラッド」等

●【30%OFF】ガガガ文庫 15周年記念ラノベセール(5/31まで)

→「弱キャラ友崎くん」、「負けヒロインが多すぎる」等

【小説&実用書フェア】

●【50%ポイント還元】講談社 「人気小説」合本セール(6/9まで)

→「空の境界」、「新世界より」等

●【50%ポイント還元】講談社タイガ 人気小説セール(6/9まで)

→「虚構推理」、「バビロン」等

●【50%ポイント還元】講談社 「西尾維新」小説セール(6/9まで)

→「美少年探偵団」、「クビキリサイクル」等

●【50%ポイント還元】講談社 「森博嗣」小説セール(6/9まで)

→「全てがFになる」、「Vシリーズ」等

●【50%OFF】高額書籍セール(6/2まで)

→「独習JavaScript 新版」、「独学プログラマー」等

●【30%OFF】角川 5月の人気小説セール第二弾(6/2まで)

→「三毛猫ホームズの推理」、「心霊探偵八雲」等

セール一覧は下にあります

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる