アニメ「月とライカと吸血姫」の作画崩壊がひどいと一部のファン激怒か?制作会社「アルボアニメーション」の音楽と演出が凄すぎて気にならない?

アニメ「月とライカと吸血姫」の作画崩壊がひどいとファン激怒?への感想や評判、評価やレビューをまとめました

目次

1、アニメ「月とライカと吸血姫」の作画崩壊がひどい?

アニメ「月とライカと吸血姫」の作画崩壊がひどいと一部のファンが怒っていますね。

1話はとても綺麗な作画だったんですが、終盤になるにつれどんどんクオリティが落ちてしまい、最終回で作画崩壊。

「もう少し作画が綺麗だったら1クールアニメの名作として名を残せたんじゃないか?」「話題にならなかったのは作画のせいだよね...」と残念がる方が続出している様です。

なるほど...最終回を見て見ましたが確かにロングショットは少し適当でしたね。

ただストーリーや演出が良すぎてあまり気になりませんでした。

限られた予算の中で力を入れるべき所には力を入れ、手を抜ける所は手を抜いた...と言う感じでしょうか。

かなり上手くやった方だと個人的には感じています。

【ネットの反応要約】

  • 「アップの絵は綺麗なんだが背景や動きのシーンが微妙」
  • 「女の子の絵はかわいいけどおっさんの絵が雑で手抜きの部分がある」
  • 「出版社が小学館のガガガ文庫だから低予算アニメなんだろうな」
  • 「ストーリーは面白いのにクオリティが低いのガッカリだったね」
  • 「音楽や演出は良かったが最終回の作画が崩れててイマイチだった。人気作だったら炎上してただろう」
  • 「作画崩壊したけどイリナの顔アップだけは最後まで綺麗だったからいいや」

2、制作会社「アルボアニメーション」の評判は?

アニメ「月とライカと吸血姫」の制作会社「アルボアニメーション」の評判や評価ですが

平均レベルのアニメ会社と言った感じみたいです。

今までに制作したアニメは「モンスター娘のお医者さん」「ぼくたちは勉強ができない」の2本。

2017年に出来たばかりの新しい会社ですが、作画崩壊する事も特になく安定してまあまあの作画を提供する為、評判は悪くない様です。

「月とライカと吸血姫」は制作スケジュールがキツキツだったのか作画監督の数が凄い事になっていた様ですね。

会社が出来てからまだ2本しかアニメを作った事が無い為、アニメ作りのノウハウがまだ溜まっていない状態なんでしょうね。

これからが楽しみな制作会社...と言った感じでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる