アニメ「プラチナエンド」6話の作画崩壊ががっかりと感想荒れモードか!?この回だけ海外に外注していて微妙!?

アニメ「プラチナエンド」6話の作画崩壊ががっかり・微妙と感想荒れモード?への評価や考察、評判等をまとめました

目次

1、アニメ「プラチナエンド」6話の作画崩壊がひどい・微妙?

アニメ「プラチナエンド」6話の作画崩壊がひどい・微妙とレビューが荒れていますね。

本作は作画が綺麗と好評だったんですが...なぜか6話の作画がいまいちだったんですよね。

それで一部のファンが激怒している様です。

【ネットの反応要約】

  • 「どんどん作画崩れしてきて作画不安過ぎますよね」
  • 「原作とキャラデザや作画が違い過ぎて登場人物が皆別人みたい」
  • 「原作漫画の絵柄と違うのがなぁ。小畑健の絵が上手すぎてアニメの絵が下手に見えてしまう」
  • 「低予算なのか戦闘シーン以外ずっと作画いまいち。手抜きで雑」
  • 「アクションシーンや戦闘作画は神作画だがキャラデザとか改悪しすぎたわね」
  • 「マッドハウスのデスノートと比較すると残念な出来だよね」

2、6話の作画がひどい理由は海外グロス請けが原因?

アニメ「プラチナエンド」6話の作画がひどい理由は海外グロス請け(外注)が原因と言う噂がありますね。

制作会社が「シグナル・エムディ」と言うProduction I.G(プロダクションIG)の関連会社なので基本作画はきれいなんですが

低予算なのか6話は中国?のアニメ制作会社に丸投げした様です。

作画のスタッフクレジットが外国人ばかりで話題になっていました。

3、神作画?

アニメ「プラチナエンド」は作画が綺麗、神作画と言う口コミも多いですよね。

特に7話の戦闘シーンは大絶賛の嵐でした。

予算があまり多くない?ので...6話など力を抜いても良い場面では力を抜き、盛り上がる場面は神作画...と取捨選択をしている感じなんでしょうか。

4、顔やキャラデザ、作画が違う?

アニメ版「プラチナエンド」は原作漫画と顔やキャラデザ、作画が違うと言われていますね。

確かに別人と言うか...漫画版と大分絵柄が変わってしまいました。

書き込みが多い小畑健先生の絵をそのままアニメ化するのは大変なので...描きやすい感じにした...と言う所でしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる