漫画「出会って5秒でバトル」原作者逃げた理由はなぜ?原案はらわたさいぞう先生は逃亡した?

なぜ漫画「出会って5秒でバトル」の原作者・原案が逃げた?逃亡した?かの理由、はらわたさいぞう先生は現在どうなった?か失踪?行方不明?へのネタバレ感想や考察、解説・予想等をまとめました!

目次

1、「出会って5秒でバトル」は原作者逃亡?

マンガワン・裏少年サンデーの人気漫画「出会って5秒でバトル」ですが「原作者逃亡」・「はらわたさいぞう逃げた」とサジェストに浮上していますね

何でも原作3巻24話で原作者の方が原案に降板
話作りに関与しなくなってしまったんだとか

3巻後半からはプロットやネーム何から何まで作画の「みやこかしわ先生」が一人で全部やっている状態
原作の方は完全にノータッチみたいですね

そんな唐突な降板劇により「逃亡」と噂される様になってしまった様です

2、どこまで担当した?何巻まで?何話まで?

原作者はらわたさいぞう先生はどこまで担当した?何巻まで?何話まで?いつ原案になった?かを解説すると

原作3巻24話まで担当していたみたいです
1巻・2巻・3巻前半まではネームを切ったりしていたのでしょうか

3巻25話からは完全に作画の方と担当編集者二人で話を作り,,,,
はらわた先生の役職も原作から原案へと変更になりました

3、理由はなぜ?

「出会って5秒でバトル」原作者逃亡理由やなぜ逃げたか、降板したかの理由ですが不明です

ただweb原作版が20話で更新停止しているのですが
その20話とリメイク版24話の内容が一致しているんですよね

という事は

1、そもそも原作者の方はネーム等一切描いていなく作画の方がweb版を見ながら一人で描いていた
2、そして24話でweb版の原作ストックが付き全部自分で話を考える様になった

3、【作画&編集者】「それならもうはらわた先生は原作者じゃなくて原案扱いでいいですか?」
【はらわた氏】「いいですよ」

こんな感じだったのではないでしょうか?全部私の妄想ですが….

web版のストック切れと原案への降板の時期が完全に一致しているので
これに近いトラブルなり事件があったのでは…と思っています

4、原作者は現在どうなった?

はらわたさいぞう先生が現在どうなったか?病気?死亡?失踪かですが

講談社に移籍し「キングダムオブザZ」という漫画の原作をやっています

5、WEB版は打ち切り?

「出会って5秒でバトル」web原作版は打ち切り完結?かネタバレすると【打ち切り理由なぜ】

多分もう続きを更新する事可能性は低いでしょう
はらわたポータルでの連載は2015年から6年間更新停止中

アニメ化発表してからも一切更新していないのでもう出会5に興味がないのかもしれません
(続きが思いつかない?面倒臭い?)

やる気があるならリメイク版のストーリーも自分で考えているでしょうし…基本続編は無いと思った方がいいと思います

6、web原作版の最終回ネタバレ感想は?

「出会って5秒でバトル」web原作版最終回ネタバレ感想結末ですが【20話感想】

3rdプログラムで緑のチームと遭遇し、主人公がユーリに自分の能力は相手の考えた能力になるという事をカミングアウトした辺りで完結です

【反応要約】

●「評判悪い小学館の編集者とトラブルでもあったんじゃないかな」
●「続きの内容思いつかないからジャイアントキリングの作者みたいに原作から降ろされたんじゃないの?」

●「まあ1巻2巻も作画の人が大分アレンジというか改変して人気出た訳で原案の人いらないでしょ」
●「25話からは原作者の人ネームやシナリオチェックも出来ないらしい」

●「ギブアップじゃなくて乗っ取りみたいだな」
●「原案だから印税1%位貰えるし悪くないんじゃない?」

●「先が思いつかなくてコンビ解消なのかね」
●「途中で辞めたのはクビなのか円満なのか。小学館の編集部からやらかしたのか」

●「原作者いなくなってから出会って5秒でバトルはつまらないとか面白くないってレビューが荒れだした」
●「意味不明になったよね。原案は遅筆だが設定を考えるのは有能だったんだろう」

●「新都社公開分が終わったタイミングで原作者降板って闇が深いな。どうしてこうなった」
●「WEB漫画の名作を乗っ取るとかやるかね」

●「連載期間は新都社で第1話2011年9月から最新話第20話2015年7月更新。4年で20話だからマンガワンでの連載とかきついでしょ」
●「もう6年更新してないのか。いつ更新するんだ」

●「続きを描かないって小学館と契約してたりするんじゃないの?版権渡したりさ」
●「4巻から最新刊17巻まで作風に違いあると思ったら原作者交代してたのか」

●「作者のブログのコメントが意味深だった【人は問題を与えられると解く。ゲームも始める理由があればとりあえず最適解を探す。テレビも観る理由があれば止めずに観る。「やる」「やらない」が選択されるのは多くの場合最初だけ。
途中に「やめる」は滅多なことでは発生しない。
最大の障壁は最初の与えるシーンだけ。 】トラブルがあったのだろうか」
●「作風変わったと思ったら作者変更か」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる