漫画「リベロ革命」打ち切り理由はなぜ?アニメ化はいつ?ハイキューとどっちがおすすめ?

漫画「リベロ革命」打ち切り理由はなぜ?13巻で最終回完結か!?へのネタバレ感想や評価、評判・レビュー、口コミ・考察等をまとめました

「リベロ革命」アニメ化いはいつ?やハイキューとどっちがおすすめかを含め解説していきます

目次

1、漫画「リベロ革命」は打ち切り最終回でひどい?

漫画「リベロ革命」は打ち切り最終回でひどい?と話題になっていますね

12巻、主人公・幹本要たち青海高校は藤原学園と秋季新人大会決勝戦でぶつかり敗北

そして最終巻13巻。
春高予選をほぼカットし決勝戦で再度青海高校vs藤原学園の試合を1巻で描き切り強引に完結

打ち切りエンド過ぎるとプチ炎上していました

2、「リベロ革命」打ち切り理由はなぜ?

「リベロ革命」打ち切り理由はなぜ?かを解説すると

不明です。

一応、有力な噂を書いておきます

2-1、自己打ち切り説

最有力なのが自己打ち切り説

田中モトユキ先生はどうしても野球漫画「鳳ボンバー」を描きたくなったみたいで

そちらの新連載を始める為にリベロ革命を自ら打ち切りにしたという説です

2-2、円満終了説

田中モトユキ先生がサンデー漫画家バックステージで「描きたい事は描き切った」と発言しています

普通に円満終了だったのかもしれません

最初から藤原学園がラスボスで目標でした。
県大会決勝で彼らに勝って終わり。全国大会を描くつもりは一切なかったのかも?

(藤原学園とはリベロ革命強さランキング最強・日本一の高校です。県大会の絶対王者)

 『リベロ革命!!』2年3か月、111話、完結です。長すぎず、短すぎず、この作品でなければ描けないことは描ききりました。

ご愛読くださった読者の皆様、ありがとうございました。 

なお、「まだ読み足りないよ」とおっしゃる方々、
田中はすでに次回作の準備に取りかかっております。どうぞご期待ください。

引用元・サンデー漫画家バックステージ

なるほど…確かに藤原学園に勝ったらもう描く事無いですよね

2-3、ネタ切れ説・やる気喪失説

ネタ切れ説やそもそもバレー漫画をそんなにやりたくなった、担当編集者に描かされた説等もあります

結構この当時のサンデーは編集者の力が強く彼等が作りたい作品を作家に押し付けていたので…
かなり嫌々バレー漫画を描いていたのかも?

あとは主人公をリベロにしたせいで盛り上がらない
この設定に限界を感じていたのでは…と言う噂もあります

3、普通に売上(発行部数)で打ち切り説

普通に売上(発行部数)で打ち切り説もありますね

2002年の週刊少年サンデーは黄金期だったので
リベロ革命の売上では生き残れなったのでしょう

3、「リベロ革命」文庫版の違いは?

「リベロ革命」文庫版の違いを解説すると

ページ数ですね。
コミックス版は全13巻、文庫版は全7巻

文庫版は大体コミックス版2巻分の内容を収録しています

また表紙が描き下ろしです

4、舞台やモデル、聖地は山口健?

「リベロ革命」舞台やモデル、聖地は山口県?かですが

山口県長門市が舞台みたいです

学校のモデルは不明
幹本要のモデルは西村晃一説があります

5、アニメ化はいつ?

「リベロ革命」アニメ化はいつ?かを解説すると

アニメ化はしないまま完結してしまいました

6、「リベロ革命」はその後どうなった?

リベロ革命はその後どうなった?かですが

「最強!都立あおい坂高校野球部」で幹本要の新聞記事が掲載されていました

幹本要はその後日本代表のリベロになったみたいです

7、ハイキューとリベロ革命どっちが面白い?おすすめ?

ハイキューとリベロ革命どっちが面白い?おすすめ?かを解説すると

流石にハイキューの方がオススメでしょう

個人的にはハリガネサービスがおすすめです

【ネットの反応要約】

●「ママさんバレーとかは良かったが藤原学園以外の試合が全部いまいちだった」
●「健太やります!にしろバレー漫画は大体打ち切り最終話」

●「リベロ革命終わり方酷いな。キャラクターに魅力がないからアンケート掲載順位悪かったのだろうか」
●「作者疲れたのかね。全日本編ユース編やって欲しかったよ」

●「小沢俊彦・羽生透・黒木貴志・神成称・黒木貴志・宮森一馬とか登場人物がひたすら地味だった」
●「リベロ革命つまらない面白くない作品ではないが超おすすめかと聞かれるとうーんだし
アニメ化出来なったのはそういう所」

●「ヒロインかわいいしリベロ革命は2000年代少年サンデーの名作だったな」
●「イコ可愛いし準々決勝・河徳高校、準決勝・青海商業高校とどんどん面白くなっていったのに勿体ない」

●「女性監督コーチ・諸積とか面白いよなぁ。打ち切りにならなかったらどんな結末だったんだろ」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる