【評判】アニメ「サクガン」つまらないか面白いか感想や評価を考察!!1話は覇権レベルだが3話以降微妙か!?

  • URLをコピーしました!

アニメ「サクガン」つまらない(面白くない)か面白いか感想や評価、評判・レビュー、

口コミ・考察等をまとめました

目次

1、アニメ「サクガン」は面白い?つまらない?

アニメ「サクガン」の評判は

  • 「クオリティが高いと1話は大好評。ただその後失速しグダグダ過ぎると不評へ」
  • 「アマプラの評価は☆3.7。あにこれの評価は☆3.5/67点」
  • 「世界観については説明不足。話や設定がよく分からないと言う人続出」
  • 「3話・4話で一期に作画やストーリーが微妙になったと言う報告あり」
  • 「2021年秋アニメの中では中の下位の人気」
  • 「原作小説と展開は違う様です。原案にしているだけで9割近くアニオリなんだとか」
分野評価
クオリティ(作画等)B
ストーリーC+(1話はB)
キャラの魅力C
音楽(劇伴)A
配信人気B
総合評価C+++(1話はB)

1-1、面白い派のレビュー

アニメ「サクガン」面白い・おすすめ派のレビューです。

【好評レビュー1】

  • 「メカデザインがかっこいいしテンポいいな」
  • 「メメンプーかわいい!!ED(エンディング)もポップ過ぎる」
  • 「マーカー、ラビリンスとか世界観や設定がワクワクする」
  • 「OP(オープニング)が遠藤正明の恍惚ラビリンスでオシャレ」
  • 「trigger(トリガー)アニメっぽいのが好きならオススメ」
  • 「ロボット・ビッグトニーとカイジュウの戦闘シーンかっこいいな。」

【好評なレビュー2】

  • 「キャラデザがディメンションWの岩原さんで可愛い」
  • 「熱いし泣けるアニメじゃないか。1話感動したよ。覇権候補です」
  • 「背景の作画がきれい過ぎますよ。機動都市とのコラボ楽しみ」
  • 「1話のリンダ死亡シーンは衝撃的だった。BGM(音楽)も素晴らしい」
  • 「マクロスFやマクロスΔのの制作会社SATELIGHT、河森正治氏デザインとスタッフ豪華ね」
  • 「主題歌や脚本、キャラクター・声優は合格点だな。名作覇権アニメになりそう」

第一話時点の世界観は好評でしたね。

1-2、つまらない派のレビュー

アニメ「サクガン」面白くない・ひどい・つまらない派のレビューです。

  • 「世界観がよくわからない。説明不足で意味不明だ。話も何がしたいのか分からない」
  • 「3話・4話から急にクオリティが微妙になって失速した。全体的にチープで安っぽい作品」
  • 「視聴者置いてけぼりな内容で意味分からない。グダグダだし完全にクソアニメだろう」
  • 「プペルの焼き直し&パクリみたいな内容でいまいちね」
  • 「サクガン君SFアニメとしては色々雑でひどいな。がっかりした。寄り道多過ぎてテンポ悪い」
  • 「原作小説とストーリー違うの酷いよ...残念。あと声優が下手」
  • 「面白そうなんだけど絶妙に面白くないな。CGも手抜きでガッカリ。致命的なのは展開遅い事」
  • 「主人公メメンプ―が何故ラビリンスに行きたいの動機に共感出来ない」
  • 「専門用語が訳分からんし1話以降つまらん。円盤売上爆死だろう」
  • 「メメンプ―が嫌いかなぁ。うざいしイライラする」
  • 「メイドインアビスとかグレンラガンのパクリみたいな内容だった。」
  • 「話が盛り上がらないし物足りない。絶妙に全てが中途半端でイマイチ。期待外れです」

1-3、どんな話か「内容」や「あらすじ」をわかりやすく解説

アニメ「サクガン」どんな話か内容やあらすじをわかりやすく解説すると

  1. 時間軸は遠い未来。人類は岩に囲まれたコロニーで生活をしていた
  2. コロニーで生活する主人公メメンプーはコロニーの外にある未開の土地「ラビリンス」
    を開拓する「マーカー」になりたい
  3. マーカーになる事を止める父親ガガンバーを説得しメメンプはラビリンスへの旅を始める

1-4、制作会社はどこ?

アニメ「サクガン」の制作会社は「サテライト」です。

「シンフォギア」や「マクロス」を作っている会社ですよ。

1-5、ジャンルは

「サクガン」のジャンルは「SF/ファンタジー」「ロボット/メカ」「アクション」です。

1-6、マーカーとは?

「サクガン」のマーカーとはラビリンを開拓する者の事を指します。

2、タイトルの意味や由来は?

アニメ「サクガン」とは?タイトルの意味や由来は?を解説すると

「削岩=岩を削る」をカタカナにしただけです。

ちなみにタイトルは「削岩ラビリンスマーカー」→「Sacks&Guns!!」→「サクガン」
と変更になりました。

3、モデルや舞台、モチーフは中国?

アニメ「サクガン」のモデルや舞台、モチーフは中国?かですが

最初のコロニーのモチーフは中国や香港をモデルにしていると言う考察がありますね。

何でも中国での配信人気を意識した作品みたいです。

(中国資本ではありません)

4、原作は漫画?

アニメ「サクガン」の原作はスクエニの漫画?ラノベ原作?かを解説すると

エブリスタの小説「削岩ラビリンスマーカー」が原作ですよ。↓

ガンガンUPで連載中の漫画はコミカライズ版です。

なろう系やweb無料小説ではありません。

4-1、オリジナルアニメ?

アニメ「サクガン」はオリジナルアニメではないですよ。

エブリスタの小説を元に作っています。

5、リンダ死亡?

アニメ版「サクガン」の名シーン(名場面)と言ったら1話のリンダ死亡ですよね。

「これから中心的なキャラになるのかな?」と思っていたキャラの死亡に
衝撃を受けましたよね。

6、全何クール?何話?

アニメ「サクガン」が全何クール?何話?かと言うと

全1クール12話でした。

7、配信サイトは?

アニメ「サクガン」の配信サイトやサブスクサイトは?ですが

ほとんどのサイトで見れると思いますよ。

特に独占配信等はしていません。

  • dアニメストア
  • Hulu
  • バンダイチャンネル
  • アマゾンプライムビデオ
  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • ネットフリックス(ネトフリ)

等では既に配信中。

8、「グレンラガン」や「メイドインアビス」に似てる?パクリ?

アニメ「サクガン」は「グレンラガン」「メイドインアビス」「マクロス」「キルラキル」に似てる、パクリと言われていますね。

色々な有名アニメの闇鍋作品とも言われていますが...
この作品独自のオリジナリティもしっかりしていておすすめです。

9、プラモデルやロボット魂が人気?

アニメ「サクガン」は既にプラモデルやロボット魂の発売が決定している事が話題ですね。

ただアマゾンでロボット魂のプラモが4割引になっているので予約売上が爆死しているのでは?と言う予想があります。

10、声優一覧

アニメ「サクガン」声優一覧・キャスト一覧です。

  • メメンプー・・・天希かのん
  • ガガンバー・・・東地宏樹
  • ザクレットゥ・・・花澤香菜
  • ユーリ・・・豊永利行
  • リンダ・・・津田美波
  • メローロ・・・細谷佳正
  • ボス・・・小山剛志
  • ムゥロ・・・和多田美咲

監督は和田純一、原案は戌井猫太郎さん。

本日の注目Kindleセール

大規模フェア

●【50%ポイント還元】講談社 人気小説大セール(6/9まで)

→「ハサミ男」、「十角館の殺人」等7000冊

●【5冊で10%ポイント還元】人気漫画&書籍まとめ買いセール(5/30まで)

→「スパイファミリー」、「東京リベンジャーズ」等

漫画セール

●【11円】佐藤秀峰 人気マンガ11円セール(6/14まで)

→「ブラックジャックによろしく」、「海猿」等

●【1~3巻50%OFF】秋田書店 5月の人気漫画セール第五弾(6/2まで)

→「僕の心のヤバイやつ」、「シグルイ」等

●【無料】漫画「ブラッククローバー」1~26巻期間限定無料フェア(6/5まで)


●【30%OFF】春の漫画合本セール(6/6まで)

→「エリアの騎士」、「ゲットバッカーズ」等。(1巻は対象外で定価です)

●【1万円以上で25%ポイント還元】Kindle本まとめ買いセール(5/31まで)

→エントリーして1万円以上買うと6週間後、全冊25%ポイントが付くみたいです。3000pt上限。

ラノベフェア】

●【50%OFF】角川 ラノベ合本セール(6/9まで)

→「イリヤの空、UFOの夏」、「ストライクザブラッド」等

●【30%OFF】ガガガ文庫 15周年記念ラノベセール(5/31まで)

→「弱キャラ友崎くん」、「負けヒロインが多すぎる」等

【小説&実用書フェア】

●【50%ポイント還元】講談社 「人気小説」合本セール(6/9まで)

→「空の境界」、「新世界より」等

●【50%ポイント還元】講談社タイガ 人気小説セール(6/9まで)

→「虚構推理」、「バビロン」等

●【50%ポイント還元】講談社 「西尾維新」小説セール(6/9まで)

→「美少年探偵団」、「クビキリサイクル」等

●【50%ポイント還元】講談社 「森博嗣」小説セール(6/9まで)

→「全てがFになる」、「Vシリーズ」等

●【50%OFF】高額書籍セール(6/2まで)

→「独習JavaScript 新版」、「独学プログラマー」等

●【30%OFF】角川 5月の人気小説セール第二弾(6/2まで)

→「三毛猫ホームズの推理」、「心霊探偵八雲」等

セール一覧は下にあります

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 原作は小説じゃなくて、公募した脚本ですよ。
    それにしても「SF・ロボット部門」というお題だったのに、ロボは殆ど活躍しないし(第4話:映っただけ、第5話:全く登場せず、第6話:変なポーズさせられただけ、第7話:車両に変形した状態でただ走ってただけ)、第7話はSFの要素すら無かった。ひどい。

  • 制作スタッフの能力は優秀なんだと思う。
    声も可愛いしデザインもいい。音楽もよければ歌もうまい。
    OPのハッチャケ系のノリもGood

    しかし物語自体が…
    中学生が作った穴だらけで薄っぺらい粗雑なパクリ妄想を綺麗に映像化した感じ。

    違和感を感じる部分は全部、やろうとしたことをまとめきれなかっただけ。
    伏線というには不自然すぎて違和感でしかない、結果ありきの三流の脚本。
    しかもその結果も大して面白くないという、つまらないが二転三転してやっぱりつまらない。
    正確には「おかしい」。これはSFで特にやってはいけないことでは?

    匂わせや思わせぶりな振る舞いをすれば、周りは「面白そう!」と飛びついてくれる。
    しかしそんなメッキはすぐに剥がれる。
    視聴者を馬鹿にしすぎでしょ。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる