「ブリーチ」死神代行消失編(フルブリング編)はいらない?つまらない&ダサいと感想大荒れ?黒歴史で一体なんだったのか?【BLEACH】

アニメ&漫画「BLEACH(ブリーチ)」死神代行消失篇=フルブリング編がいらない&つまらない&面白くない、への評判や感想、レビュー・口コミ、反応・考察等をまとめました


「ブリーチ」フルブリング編は黒歴史でダサイ?一体なんだったのか?と言われているので解説していきます

目次

1、死神代行消失篇=フルブリング編とは?

「死神代行消失篇(フルブリング編)」とは

破面編で死神の力を失った一護が
再度その力を得るために完現術使いフルブリンガーと接触、戦っていく話です

2、評価はつまらない?面白くない?

死神代行消失篇(フルブリング編)は長年つまらない・面白くない・失敗・黒歴史・意味不明な駄作
とボロクソの評価でしたね


ソウルソサエティ編=尸魂界編やアランカル編=破面編、千年血戦編と比べると

規模や敵などが微妙だった為アンケート掲載順位や単行本売上(発行部数)は大暴落してしまいました

個人的には結構面白い章だと思います

阿散井恋次・朽木白哉・日番谷冬獅郎・更木剣八達死神達が来たのも
アンケート低迷の為のテコ入れという噂があったほど。

最後が打ち切りの様な駆け足で終わったのも担当編集者から「この章は不人気だから次に行きましょう」
と指示があったのでは?という考察も多いです

2-1、再評価へ

ただ、最近の週刊少年ジャンプの漫画を読んでから「フルブリング編」を読むと
「やっぱり面白いわ」「センスが凄い。天才」と言う読者が続出

再評価され始めています
確かに今のジャンプで連載していたら大絶賛の嵐だったでしょうね

3、フルブリング編はいらない?なんだったのか?なぜ?

「ブリーチ」フルブリング編はいらない・なんだったのか・なぜ?とサジェストに浮上していますね

この編がどうして必要だったのか?意味があったのか?
幽遊白書の仙水編(テリトリー編)のパクリ?オマージュ?をしたかっただけなのか?

と疑問に思っているファンが多い様です


久保帯人先生曰くこの章は「チャド編」

井上織姫「盾舜六花」、茶渡泰虎(チャド)の「変化した右腕」はフルブリングなんですが
そこら辺の掘り下げをしたかったんでしょうね


チャドの過去や正体等の伏線をここで回収するつもりだったのでしょう


また後述しますがフルブリングは霊王の正体に関する重要な伏線だったみたいです

4、黒崎一護のフルブリングはダサい?

「ブリーチ」黒崎一護のフルブリングはダサい?かですが

黒崎一護と銀城空吾の完現術(オサレスーツ)があまりにダサイと批判が多かったようです

5、フルブリング編と霊王の関係や繋がり

「ブリーチ」死神代行消失篇(フルブリング編)は霊王の正体と関係ある話・繋がりあったのでは?
とも言われていますね

小説版「BLEACH Can’t Fear Your Own World」で
完現術者(フルブリンガー)が魂魄に「霊王の欠片」を所有している事が判明しました

もしアンケートが悪くなかったら…この伏線が何かに活かされていたのかもしれません

6、何巻から何巻まで?

「ブリーチ」死神代行消失篇(フルブリング編)何巻から何巻まで?かを解説すると

49巻から54巻までです

7、フルブリングは何語?英語?語源は?

「BLEACH(ブリーチ)」フルブリングは何語?語源は?ですが英語みたいです

8、フルブリングは弱い?能力名は?

「ブリーチ」フルブリングは弱い?能力名は?を解説すると

銀城空吾の能力→クロス・オブ・スキャッフォルド
月島秀九郎の能力→ ブック・オブ・ジ・エンド
毒ヶ峰リルカの能力→ ドールハウス

沓澤ギリコの能力→ タイム・テルズ・ノー・ライズ
ジャッキー・トリスタンの能力→ ダーティ・ブーツ
雪緒・ハンス・フォラルルベルナの能力→インヴェイダーズ・マスト・ダイ

獅子河原萌笑の能力→ジャックポット・ナックル

エスパーダや隊長の卍解と比較すると雑魚過ぎないか?と不評だった様です

9、ドン観音寺と夏梨はフルブリング?完現術?

「ブリーチ(bleach)」ドン観音寺と夏梨はフルブリング?完現術者?かですが

ドン観音寺はフルブリンガー(完現術者)ではありません。霊能力者です

夏梨はフルブリング(完現術)と滅却師(クインシー)の能力を使えます

10、一護のフルブリングの名前は?

「ブリーチ」一護のフルブリングの名前はありません

【ネットの反応要約】

●「月島さんのおかげを生み出しただけでプリングルス編は意味がある。ミステリー要素あって面白いし。
ただテコ入れでいまいち残念な話になってしまった」
●「エクスキューションの登場人物魅力あった。現世と霊界を繋げる原点回帰的なストーリーもいい。
新章感悪くなった。ただ打ち切りで他の章との繋がりが薄いエピソードになってしまった」

●「チャド達の記憶は変わったまま。解除されてないんだよね。月島さん死んだら解除かと思ったが生きてるし」
●「鰻屋の女の伏線や謎回収して欲しい。クソダサいスーツは銀城に似合う様にあのデザインにしたみたい」

●「久保帯人先生のインタビューによるとフルブリングの元ネタやモデルは特撮ヒーロー的イメージ。
小さい子にはかっこいいが大人には違和感や不満を持たれる様なデザインにした。死覇装に戻った時のカタルシス重視だったとか」
●「名シーンもあったけど銀城と尸魂界の過去や関係をぶん投げは残念でがっかりだった」

●「変身ヒーローオマージュのテコ入れしたら不評でアンケート爆死。黒歴史にしてラスト打ち切り並の駆け足え終了か」
●「千年血戦篇で一護の折れた剣を直すため月島さんを出すのに必要な章ではあった」

11、「bleach」茶渡泰虎(チャド)の能力はフルブリング?

「bleach」チャドの能力はフルブリング?かを解説すると

自分の肌を媒介とした完現術説が濃厚です

【ネットの反応要約】

●「月島さんは強い。彼の能力が無かったらラスボス・ユーハバッハ戦で一護の卍解天鎖斬月は治せなかった。まあまたおられた訳だが」
●「リリカかわいい。アニメ版は色々カットして駆け足で打ち切りみたいな終わり方。あとラスト改変してたはず」

●「一護の技・月牙十字衝かっこいい。ただブリーチはアランカル【愛染】編の無月までがピークだね。それ以降はグダグダだった」
●「月島さん以外のリルカ・ギリコ・ジャッキートリスタン・雪緒・獅子河原戦が適当で雑過ぎた」

●「他の漫画よりかは面白い。ただや破面編・最終章の千年血戦編・ソウルソサエティ編よりかはつまらないと言う評価」
●「完現術(フルブリング)の敵が人気ない・空気なのは千年血戦篇の最後が駆け足ダイジェストだったから。
師匠の構想では月島の再登場以外にももっと活躍する場面があったはず。」

●「フルブリング編は幽遊白書ってか幽白仙水編のパクリって子供達が騒いでた想い出。藍染編までだな」
●「死神代行消失篇の時の表紙が変わった?デザイン違うの好きだな。49巻からオサレになった」

12、井上織姫の能力はフルブリング?雨竜は?

「ブリーチ」井上織姫の能力はフルブリング?雨竜は?ですが

ヘアピンを媒介とした完現術使い説が濃厚です

雨竜は完現術者ではありません

●「人気ないのは破面編が長すぎたしあそこの区切りが良すぎた。
十刃(エスパーダ)に比べると敵が弱いししょぼい。死神勢もルキアとか少数しか出ないし」
●「チャド活躍して欲しかった。銀城戦や隊長、副隊長vs完現術使いの戦闘も名バトル多かった」

●「フルブリング編のベストバウトや名バトルは獅子河原vs一角、雪緒vs日番谷、ギリコvs剣八。
リルカvsルキアも悪くない」

●「雪緒(ゆきお)の能力は無敵で最強クラスなんだけどあっけなく負けたよね。
愛染「霊圧に差があれば能力無効」って発言してたし死神戦に勝利するのは厳しいか」
●「月島さんも元死神のわりに弱いし卍解見たかった。その後登場したのは盛り上がったが」

●「連載当時は違和感しかなった。ただ一護が一人でボスを倒した章でもある」
●「一護のバイト設定や鰻屋の店長の伏線の意味を教えて欲しい。謎の息子も」

●「チャドの能力がフルブリング(完現術)と判明する話。銀城の卍解の名前も教えて欲しい」
●「ラスボス銀城が数ページで倒される雑魚でいまいちだった。」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 織姫とチャドの力がフルブリングだったから必要な章ではあったと思う

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる