漫画「ストーカー浄化団」打ち切り理由はなぜ?7巻で最終回(完結)?続きや続編は厳しいか!?

漫画「ストーカー浄化団」打ち切り理由はなぜ?7巻で最終回(完結)?原作者オオガヒロミチ先生の訃報?へのネタバレ感想や評価、評判・レビュー、口コミ・考察等をまとめました

目次

1、漫画「ストーカー浄化団」打ち切り理由はなぜ?

漫画「ストーカー浄化団」打ち切り理由はなぜ?かですが

原作者・オオガヒロミチ先生が亡くなったからです(病名は大動脈解離という病気)

それで人気はあったんですが7巻で最終話という事になりました

出版社は講談社、雑誌はイブニング→コミックDAYSで連載していました

2、何巻まで?全何巻?

漫画「ストーカー浄化団」何巻まで?全何巻?かを解説すると

7巻までです。全7巻で連載終了しました

3、続きは?続編は?最新刊8巻はいつ?

漫画「ストーカー浄化団」続きは?続編は?最新刊8巻はいつ?連載再開は?ですが

7巻で完結です。

原作者の方が亡くなってしまったので続きは作れないんです

4、移籍理由はなぜ?

漫画「ストーカー浄化団」コミックDAYSへの移籍理由はなぜ?かを解説すると

不明です。

ただ紙の売上(発行部数)が微妙だったものの電子書籍の人気が凄く
打ち切りではなくweb移籍になったとか何とか…そういう噂がありました

5、奴隷区と作者同じ?

「ストーカー浄化団」奴隷区と作者同じ?一緒?絵柄似てる?かですが

作画の作者は同じです。大石普人(オオイシヒロト)先生ですね

6、単行本の紙は2巻まで?3巻以降は電子書籍?

「ストーカー浄化団」は1巻2巻が紙、3巻4巻5巻6巻7巻は電子書籍でだけ配信しました

3巻~7巻の紙版は発売しません

7、作者の病気は?病名は?

「ストーカー浄化団」原作者オオガヒロミチ先生の病気は?病名は?死亡?訃報?かを解説すると

大動脈解離という病気で亡くなってしまいました

【ネットの反応要約】

●「マガポケとコミックdaysで読んでたが面白いよね。ホスト編は名作」
●「売上や発行部数的には打ち切りにならなかったろうね」

●「N警察編、運B屋編、G斯燈編とかドラマ化したら面白かっただろう」
●「イブニングの名作だった。岡島や虎徹、仁村の結末知りたかった」

●「猫のチャタロウかわいい」
●「ストカー浄化団原作者死亡なさってしまったのか。ベルセルクの作者同じ病気だったとは」

●「グロいのとか気持ち悪いの大丈夫ならおすすめサスペンス漫画。終わったの勿体ない」
●「三浦先生と同じ死因かぁ」

●「ウーバーイーツ配達員あるあるとかよく取材していたよね」
●「最新話が最終話になってしまったか。残念だ」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる