文藝春秋226




Kindleの文藝春秋社 2月の人気書籍50%ポイント還元セールのおススメや面白い本をまとめました!!

「コンビニ人間」等380冊が割引になっています。(2021年3月2日まで)






参戦作品ですが

村田沙耶香 「コンビニ人間」、馳星周 「少年と犬」、又吉直樹 「火花」、角田光代「対岸の彼女」、三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」、奥田英朗 「イン・ザ・プール ドクター伊良部」

川越宗一「熱源」、小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」、羽田圭介 「スクラップ・アンド・ビルド」等384冊!!

【セール会場】

●【50%ポイント還元】文藝春秋 2月の人気小説&実用書セール一覧

2021年3月2日までです。

感想(反応)


まほろ駅前多田便利軒、段々面白くなってきました
村田沙耶香の『コンビニ人間』は、コンビニの仕事というマニュアル仕事で
自己実現していく話で、ちょっと怖かった。

対岸の彼女 一気に読み込んでしまった
村田沙耶香『コンビニ人間』(文藝春秋、2016)いやー面白かった。

最初から飛ばしてぐんぐん加速、最高速度でゴールしてる。

絡めとろうとする問題を視野に入れつつ全部振り切って走り抜ける爽快さ、

そのこと自体が表す現代の病を、こんなに軽妙に描いてみせるとは。
こういう小説が読みたかったんだ。
まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん先生
今一番大好きな作家さん

初めて買った本だったんですけど
まぁ萌えましたねぇ、はい(いい笑顔)

奥田英朗『イン・ザ・プール』

中でも「フレンズ」が面白かった〜

自分は他人の目を気にしすぎるタイプなので、
伊良部やマユミさんのように我が道を行く人に憧れるなー

診察してもらいたい
まほろ駅前多田便利軒は本当に良い。
続編がこんなに出ていたとは知らなかった

村田沙耶香『コンビニ人間』、実写化したら白羽は滝藤賢一かな。
俺の中では
対岸の彼女
今を生きるすべての女性たちへ。

女社長の葵と専業主婦の小夜子。二人の出会いと友情は、
些細なことから亀裂を生じていくが……。

孤独から希望へ、感動の傑作長篇。

三浦しをんさんの、まほろシリーズ読み終わった!

「まほろ駅前多田便利軒」に始まり「まほろ駅前番外地」でさらに膨らみ
「まほろ駅前協奏曲」で堂々完結!!最高やったーーー。

面白くてテンポも良くて、登場人物たちの掛け合いが絶妙で、
読んでる間ほんまに楽しかったー!
角田光代さんの対岸の彼女、はちゃめちゃに良かった。。。
友達に会いたいほんと