メタモルフォーゼ113




漫画「メタモルフォーゼの縁側」最終巻5巻&最終回結末ネタバレ感想やラスト(最後)どうなったか等をまとめました!!

1、漫画「メタモルフォーゼの縁側」最終回結末ネタバレ感想


漫画「メタモルフォーゼの縁側」最終回結末ネタバレ感想ですが(最終話ネタバレ感想)

1、佐山うららは大学受験で第一志望校に合格

2、市野井雪は海外の娘と同居する為に書道教室を閉め、家財を整理し外国へ旅立つ
(二人の関係はラインや電話で継続中)

3、佐山うららは市野井雪に頼まれたBL本「君の事だけ見ていたい」を探す為に雪の家へ

4、今までの思い出にぼーとしながら最後に本を発見。ラストは「本ありました。送りますね」で連載終了

2、漫画「メタモルフォーゼの縁側」最終巻5巻ネタバレ感想


漫画「メタモルフォーゼの縁側」最終巻5巻ネタバレ感想ですが
一応前からの流れも含めて書くと

1、佐山うららが同人誌を書きコミティアで市野井雪を一緒に売る

2、コメダ先生のサイン会に市野井雪が佐山うららが行く

3、市野井雪は海外旅行へ

4、上記の最終話。

佐山うららの結末は第一志望の大学に合格
市野井雪の結末は海外(アメリカ)の娘と同居

二人は離れ離れになるがしっかりまだ繋がっているといった感じで完結

3、漫画「メタモルフォーゼの縁側」は打ち切り?


結末が駆け足だったので漫画「メタモルフォーゼの縁側」打ち切りとサジェストに出てしまっていますね

多分円満終了だと思います。



5、タイトル「メタモルフォーゼの縁側」の意味をネタバレ考察&感想


タイトル「メタモルフォーゼの縁側」の意味をネタバレ考察&解説ですが

佐山うららと市野井雪がBLを通して出会い変化・成長するストーリーだった事を指していると思われます。

「メタモルフォーゼ」とは変化

「縁側」はラストシーンでうららがいた雪さんの家の縁側=家。

雪さんの家でうららと雪さんが一緒にいる事で二人が変化(成長)していく...といった意味を込めたタイトルだったのでしょう





4、漫画「メタモルフォーゼ」最終巻5巻&最終回結末ネタバレ感想まとめ


メタモルフォーゼの縁側最終巻、

うららさんの個人誌が読めて最高!!ありがとー!!


メタモルフォーゼの縁側5巻読みました。

2人の暖かくて、優しい友情がまだまだ続くと示す終わり方に涙が出ました。

うららさんが完璧な日を迎えられて、それを言葉にできて本当に良かった…
この本に出会えて感謝

「メタモルフォーゼの縁側5」
最終巻。webでも好きで読んでいたんですが、

何度読んでもうららさんが幼なじみを送ったあと
好きなBL作家さんのサイン会に行って帰りのタクシーの中で

「今日は完ぺきな日でした」って言うシーン良すぎて泣いちゃうんです。
勿論そこまでの過程もとても良い。終わり方も寂し
今日はメタモルフォーゼの縁側5巻を買った。最終巻。

市野井雪さんから始まった物語が、
佐山うららさんの歩き出した後ろ姿で終わる。

終わってほしくなかった、
でもすごく素敵なエンディング(であり、スタート)だった。

とても好きな物語になった。ずっと読み返すと思う。
メタモルフォーゼの縁側の最終巻読んだ。

とてもいい話だったな〜〜市野井さんにはずーと長生きしてほしいし、

うららちゃんと市野井さんがずっと交流し続けてほしい。
帯の麒麟川島さんの言葉もよい……

はわ…メタモルフォーゼの縁側、最終巻読んだ…

最初から最後まで本当に優しくてちょっとハラハラして
読むたびに心がぽわぽわして本当に本当に良かった…

創作活動っていいな…好きな話で盛り上がれる友達っていいな…

好きな作品を描いてくれる作者さんありがとう…
良かった…友達たちに会いたくなった…
今日はメタモルフォーゼの縁側5巻を買った。最終巻。

市野井雪さんから始まった物語が、

佐山うららさんの歩き出した後ろ姿で終わる。
終わってほしくなかった、

でもすごく素敵なエンディング(であり、スタート)だった。
とても好きな物語になった。ずっと読み返すと思う。
『メタモルフォーゼの縁側』5巻(完)読んだ。

他者との関係において心が動いたり
自分の行動が変わったりすることって

美しいなと思う最終巻だった。
第50話泣いた…ぜひ、原作の世界観そのままの実写化を!

メタモルフォーゼの縁側最終巻も良かった

うららの周りでは色んなことが目まぐるしく変わっていくし、
雪さんとの関係だっていつまでも続くわけじゃないけど、

2人の友情の形はずっとこのままであり続けてくれるんだろうなと
思わせてくれる優しい終わり方
「メタモルフォーゼの縁側」(鶴谷香央理)

75歳のおばあちゃんと17歳の女子高生があるBL漫画を通じて仲良くなり、

同人イベントに参加するまでになるお話。

友人に勧められて読みました。最終巻が先日出たばかりです。
登場する女性たちそれぞれの人生を見ていると元気が出ます。


メタモルフォーゼの縁側5巻。

好きな漫画を通じて、世代を超えた友情を育む二人が愛しい。

胸がいっぱいになって、ずっと泣いてる。
これで終わりというのが寂しい。

しばらくこの余韻にひたっていたい。

📖「メタモルフォーゼの縁側」5巻(完結)。

すごーくよかったな。雪さんがポロッと涙をこぼすシーンで私も涙。

何かが思いがけない形で報われるのって、ぐっとくる。

人と人が優しくつながっていって、そっと新しい世界に踏み出していく、
そんな物語でした。
メタモルフォーゼの縁側、まさか5巻で最終巻だったとは知らず…😭
最初っから最後まで、じんわり温かくなるような優しい漫画だったなあ

何かにハマったり誰かを推したり、

それを通じて友達ができたりする楽しさをいくつになっても
忘れずにいたいなぁと思いました😌
鶴屋香央里『メタモルフォーゼの縁側』終わってしまった。

作中作がうららの心情の変化とリンクしつつ、
いい感じに読者を引っ張ってくれるというか。

終盤のモノローグと展開は見事であった。

変化を積み重ねていく話だし、
せっかくなのでと1巻から読み返して5巻にいってみて正解だった。

『メタモルフォーゼの縁側』5巻、読み終わった~❗️
最後の展開に、おぉ~😳となりつつ、

市野井さん(おばあちゃん)行動力あるなぁと…✨

全巻通して優しくてあったかいお話しで、
この雰囲気そのままの実写映画だと良いなぁ☺️

サイン会の市野井さんがコメダ先生に伝えた台詞は、私も本当同じ想い…🥺
237: 名無しの電書速報さん

漫画「メタモルフォーゼ」最終巻5巻ネタバレ感想

内容は同人誌を売る話とコメダ先生のサイン会のストーリーをやった

ラスト市野井雪さんは海外に行った
佐山うららはそんな彼女に漫画送ったりして完結

242: 名無しの電書速報さん

原作漫画「メタモルフォーゼの縁側」最終回結末ネタバレ感想

市野井雪と佐山うららの別れ辛い
BLを通した2人の出会いから別れまでの距離感を描いた話だった訳だ

コメダ先生のサイン会は泣けた

247: 名無しの電書速報さん

二人の関係が今後もずっと続くんだってラストだった
名作過ぎた

創作する方や本作りたい、同人誌に興味ある人は読んで欲しいおすすめ作

251: 名無しの電書速報さん

凄く素敵な終わり方
実写化映画化はどこまでやるんだろう
コメティアまでかなぁ

アニメ化もして欲しい

254: 名無しの電書速報さん

メタモルフォーゼの縁側の名言や名シーンで思い浮かぶのは

サイン会で市野井さんが先生に言った「この漫画のおかげで私たちお友達になったんです」かなぁ

257: 名無しの電書速報さん

全巻5巻か
5巻以内のおススメ漫画に追加しました

261: 名無しの電書速報さん

メタモルフォーゼの縁側打ち切りなのかな
最後駆け足だった気がする

もっとその後を描いて欲しい

264: 名無しの電書速報さん

売上(発行部数)良かったし円満終了だよ
雪さん死ぬまで書くのは違うし

うららが人気漫画家になって終わるのも長くて蛇足になるしこの結末で良いと思う

268: 名無しの電書速報さん

口コミ良かったから買ったけど本当泣ける漫画
雪さんの「描いてくださってありがとうございました」は名場面過ぎる

273: 名無しの電書速報さん

メタモルフォーゼの縁側のタイトルの意味のネタバレ考察だが

雪さんの家の縁側でうららと雪さんが話した日常、
そしてそれによる変化といった感じなんだろう

280: 名無しの電書速報さん

最終話52話読み終わった
本当登場人物が優しいキャラばかりで感動出来る

出版社が角川のわりに本当良い漫画

284: 名無しの電書速報さん

このマンガがすごいの漫画ってつまらない・面白くない漫画多いけど
このコミックだけはガチで感動出来た
絵柄好き


290: 名無しの電書速報さん

続き気になるから最終回のその後読みたい
うららちゃんは同人作家として人気になったのかな

雪さんの死亡シーンはいらないけど笑

295: 名無しの電書速報さん

名ゼリフ「完璧な日でした」に泣いたよね
雪さんの最後がアメリカ行きって予想出来なかった

303: 名無しの電書速報さん

最終巻に描き下ろし(加筆部分)ある
うららさんは雪さんと出会って良かったし、

雪さんもうららさんと出会って良かったね

最後の「舟の舳先みたいだな」は本当名台詞

306: 名無しの電書速報さん

「メタモルフォーゼの縁側」最終話ネタバレ感想
二人の別れを描いてたよ

雪さんはアメリカ、うららはきっと同人作家として頑張りつつ二人の関係が続くんだろう

310: 名無しの電書速報さん

サイン会がピークかと思ったけど
ラストも変化のある良い結末だったね

メタモルフォーゼの縁側、
1巻から読み直して5巻の131ページでまた涙腺崩壊してダメだった。

あの1ページが本当にグッときちゃって涙が止まらない…
メタモルフォーゼの縁側、結局全巻一気読みした。
最後泣いちゃうよ~。

意外と多視点(主人公二人、作中漫画、その他)だけど

それぞれのモノローグが相互に
それぞれのストーリーを補完してて5巻でスマートにまとめてるのすごい。

各々が動き出す一瞬の時間が春のように瑞々しい
メタモルフォーゼの縁側5巻久しぶりに物語読んで涙でた…
BL漫画の物語と本編がオーバーラップして、モノローグに胸がつまった。

本の中の物語と本編がオーバーラップするとこは

高野文子の黄色い本と似ているんだけど、
行間に描かれない感情で誰かと語り合いたくなる。

まさに傑作でしょこれ。

『メタモルフォーゼの縁側5巻』を読み終えた。
最終回だったのか。蒼さと友情。バンザイ🙌
「メタモルフォーゼの縁側」読了
全5巻。

ああ、おわってしまった。

穏やかにやさしい漫画だった
実写映画はこの世界を壊さないでほしい。

そして、できたら沖田監督がとってほしい。
気がついたらメタモルフォーゼの縁側が5巻だった
そして最終巻だった

4巻読んでない…
この雰囲気凄い好きなんだよなぁ

実写映画化らいしけど、誰がやるんだろ…

#メタモルフォーゼの縁側
『メタモルフォーゼの縁側』最終巻読みました。

最終回直前の51話が「これ最終回か」と思うほど完ぺきな回でした。

実写化するらしいけど、画的に派手だからとかで
コミティアをクライマックスに持ってきたりしないと良いなあ。

あれを経ての静かな51話が輝くと思うから。
メタモルフォーゼの縁側、最終巻。
最高。
映画化するんだー!

キャストだれかなー♪
うららさんが美少女でありませんように(笑)
今日は仕事お休みで、本屋さんにふらっと入ったら
メタモルフォーゼの縁側の5巻があって

家帰って読んでそしたら最終話でやっと最終巻って気付いて
最後まで優しい物語で好きな漫画が終わってしまうのはほんと寂しいなあ。

でも完結まで描かれるのは嬉しい。

実写は誰が作るんだろう…楽しみ

メタモルフォーゼの縁側5巻(最終巻)読了

ドラマチックに盛り上がったりせず、

確実に過ぎていく時間と変わっていく状況を優しく描いているお話だからこそ、
うららの「今日は完ぺきな日でした」に泣いてしまう

作中の雪さんのセリフ「描いてくださってありがとうございました」を
鶴谷さんに送りたい
メタモルフォーゼの縁側 5巻 読了。

前巻あたりから二人が一緒のシーンが少なくなってきているような気がして、

ちょっと寂しいような、不安なような心地になっていたのだけど、
そういうの全部吹っ飛んだ!

素敵なシーンがいっぱいでした!
「メタモルフォーゼの縁側 5巻」鶴谷香央理、完読。

この巻から、うららちゃんのサクセスストーリーが始まる事を期待したが、
まさかの最終巻!

しかし、この余韻こそがこの作品の肝。

サイン会場でのシーンは、感動で泣けてきた。
平凡な人生を少し豊かにするヒント、素晴らしい人生讃歌の物語でした。

メタモルフォーゼの縁側最終巻まで読みました。
全シーン好きだけどサイン会で込上がってしまい泣いた…

長い別れは寂しいはずなのに、地に足が着いた日常の延長線という

前向きさが見えてとても良かった…あと描き下ろしがご褒美すぎる…
『メタモルフォーゼの縁側』というマンガ、
温かいものを求めている人にぜひ読んでほしい。

言葉にならない小さな共感、小さな一歩が積み重なり日常を形作っていく、

その様子に心がじんわりする癒しマンガ。

最終巻が出て終わってしまったのはちょっと悲しいけど、
余韻の残るいい終わり方だった。
メタモルフォーゼの縁側、読み終わって最終巻だと知ったよ!

劇中作品に対する主人公二人の台詞やモノローグが、
まんま、この作品読んでる読者のこの作品に対する気持ちだったな。




メタモルフォーゼの縁側(5) (カドカワデジタルコミックス)
鶴谷 香央理(著)
KADOKAWA

¥792【2021年01月13日20時01分現在】


ネットの注目記事