2020-07-09_22h14_51




アニメ「デカダンス」のフギンとムニンの正体や謎についてのネタバレ考察や感想等をまとめました!!

「デカダンス」のラスボス(黒幕)といえばフギンとムニンコンビですよね

そして二人の正体ですが最終回12話で漠然とですが解説されました

以下、システム=ムニンによる台詞を分かり易く改変して引用したものですが

「フギン、ムニンの正体はシステムの命令を実行する傀儡。システムそのものに実体はありません。

システムの真意では、バグの存在は認められている

バグを消去したい者、それに対抗する者、両者の行動それ自体がシステムの一部
そしてその行動の結果を参考にして強固なシステムが作られている

システムは全てのデータを保存し、変遷の時が来るとバージョンアップされる。

その繰り返しが何度も行われてきた。
現在起こっている事象は、システムにとって大きな流れの一部

カブラギ組長やナツメ達(人類・タンカー&サイボーグ)達の行動もシステムの一部に過ぎず、どれだけ抗おうとその大きな流れを変えることはできない」

フギンとムニンの正体は全統治独立システムが上手く行くための操り人形みたいですね

(ちなみにフギンの意味は思考、ムニンの意味は記憶。フギンとムニンの元ネタは神話みたいです。)

「デカダンス」のフギンとムニンの正体や目的、謎についてのネタバレ考察や感想


238: 名無しの電書速報さん
デカダンスのムニンとフギンの正体や目的、謎についてのネタバレ考察や感想を聞かせてくれ
正体が意味不明なんだがつまりどういう存在なの?

245: 名無しの電書速報さん
>>238
ムニンとフギンの正体は全統治独立システムそのものらしい

バグを不要だと思う者と必要だと思う者を戦わせてそのデータを利用しシステムのバージョンアップを図っている存在

249: 名無しの電書速報さん
ムニンとフギンの目的はバグ達とシステム側を争わせてその結果をフィードアウトしシステムを強化する事

257: 名無しの電書速報さん
フギンにバグを排除させてそれを上回ったらムニンによってシステムをアップデートって感じの役割なのかね

264: 名無しの電書速報さん
ムニンの正体は全統治独立システム
アイツがソリッドクエイク社とかデカダンスの黒幕

268: 名無しの電書速報さん
OPで戦ってた巨大フギンとは何だったのか

274: 名無しの電書速報さん
フギンとムニンが何者かについて引っ張った割に謎多いままだよな
ラストどうなったんだか

ミナトやジルの部下になった訳では無さそうだが消滅したのか

278: 名無しの電書速報さん
デカダンスのフギンとムニンの結末や最後どうなったかをネタバレしてくれ

284: 名無しの電書速報さん
>>278
フギンとムニンのラストは描写されなかった(フギンはムニンと合体したけど)

ただ伏線は回収された

最終回ではカブラギ組長にデカダンス世界の正体を話した
バグとそれを排除するものを争わせるのもシステムの一部だと
ガドル、タンカー、かの力全部システムの流れ通りなんだって

その存在達の争いからシステムをブラッシュアップするのがムニン達の目的だった

だけどカブラギがオメガを倒したりするのを見て改心したのか
システム運営をミナトやジル等の新しい運営に託して消息不明になった
285: 名無しの電書速報さん
まとめると
ムニン曰く「デカダンスはソリッドクエイク社のディープラーニングの場」「バグもそれを排除する行動も想定されたもの」

そしてアップデート後の新たなシステム下で活動する様カブラギに言った感じ
結末は
システムの管理人が対話の余地のないムニンから話の通じるサイボーグに移っただけ

人類の厳しい環境は変わらない
ガドル工場壊れてもうガドルの脅威は無いが生存可能なエリアは限定されてる

287: 名無しの電書速報さん
ムニンとフギンの結末は描かれなかった
最後どうなったんだろ

旧システムなんで新システムをミナトに受け継いだ後に活動停止したとか?
デカダンスシティでも運営に参加してるのかね
289: 名無しの電書速報さん
システムの正体謎過ぎるわ
衰退する前の人類がフギンとムニンの元(システム)を作ったのかね
誰の部下だったんだか

294: 名無しの電書速報さん
声優豪華だったよね

フギン役のキャストは子安武人
ムニン訳のキャスト三石琴乃

302: 名無しの電書速報さん
デカダンスの上下関係が分からないけどどんな感じなの?

308: 名無しの電書速報さん
>>308
全統治独立システム→ソリッドクエイク社→サイボーグ(ギア)→タンカー(人類)

人類が地球を環境汚染で滅亡させてしまって環境に適応したものはサイボーグ
生身のままの者はタンカーになった

312: 名無しの電書速報さん
結局、全統治独立システムに支配された世界の正体はそのままなんだよな
フギンとムニンっていうボスからミナトに移行しただけ

まあタンカーの価値が上がったりバグの一部をゲームの運営者として雇ったりしたから
カブラギやナツメ達の戦いが無意味だった訳ではないんだろうけど

317: 名無しの電書速報さん
フギンとムニンも生きてるんじゃないかな
システムが崩壊したらタンカー絶滅するしソリッドクエイク社も倒産するだろうし

328: 名無しの電書速報さん
デカダンス最終話の結末ってどうなったの?

332: 名無しの電書速報さん
>>329
最終回でバグvsガドルの戦いがあってバグが勝利
戦いが終わりシステムが改変され平和になって終わった

人類とサイボーグは共存

338: 名無しの電書速報さん
フギンやムニンって悪役キャラってか単純にそういうシステムだからこう動いてるだけ

悪意とかじゃなく地球の環境再生やタンカー保護の為にシステムのバージョンアップは必要でその為にバグと排除者を争わせている

ネットで話題の記事





フギンもムニンも所詮システムの駒にしか過ぎないというね… #DECA_DENCE #デカダンス
えぇぇぇえぇぇぇぇ
フギンとムニンって神話のキャラクターなのwwwwww
#デカダンス
無駄な抵抗はやめるようにカブラギさんへ促すムニンさん。
ムニンさん:「システムはバージョンアップされる。」「あなたが抗おうとするのもシステムの一部にすぎない」

カブラギさん:「怖いのか。変えられるのが。俺は精一杯足掻く それだけだ。」
結局最後システム(ムニン)は同じ歴史を繰り返す人間とサイボーグに愛想を尽かして権限を放棄したのか、

人間とサイボーグの未来に希望を託して消えたのかどっちなんだろうな

個人的には前者に近くて「今は渡すけどどうせすぐシステムの素晴らしさに気づきますよ」くらいのテンションで渡したんだろうな

バグというものはバグになるために生まれてきてそれをバグとして認識するのもバグとして処理するのも全てが全てシステムなのだってのがムニンの持論

というかムニンはソリクエ開発者が機械となった姿なんかそれとも世界で初めて作られたAIでその世界の事は一番知ってる『機械』なのか
オメガ戦後のフギンとムニンがどうなったのか知りたいです!

個人的には、デカダンスシティのシステムとしてミナトたちと共にこれからの行く末を見守ってくれてると嬉しいです
#デカダンス公式質問箱
デカダンス最終回2週目
ムニン(システム)の最後のセリフまわり

ああいう言い方だったけどシステムがカブラギ側に託したって判断だよね…
カブラギさんシステムを凌駕したんだな

ソリッドクェイク社やムニンを作った側の人間たちはシステムに殺されてもうずっと前からいなかったりするのかね……色々知りたいねぇ
フギンとムニンは傀儡と表現されたから、そこに人格は無かったのかな。他のサイボーグとは違う個体感があったし。

でもやっぱりフギンとムニン(とシステム)が会話をしているような描写を見ると、そこにはそれぞれ別の意思を持つ何かが居たのかなと思ってしまうな。
フギンが「分かりました。私はここまでのようですね」って言ってたのはシステム(世界)がアップデートを迎える分岐点に到着したからだったんだなと。

バグが発生し、バグを狩る”循環”が旧システムの軸になってたのを、新しいシステムは採用しないから、フギンは機能を止めたのかなと…

ミナトは最後に最高責任者になっていましたが、あれはムニンが任命したのですか?
権限上位そうだったムニンとフギンは部下になったのでしょうか?  #デカダンス公式質問箱
キャラ全員好きだなぁ
フギンとムニンの過去も見てみたい……
カブラギとムニンが対話してた場所、OP映像のサイボーグ カブラギとフギンが戦闘してる背景っぽいから、尺があればサイボーグ同士の戦闘もあったのか🤔
#デカダン

#デカダンス

ムニン、変化を恐れる以外にアプデのための貴重なバグであるカブラギを失われる確率高いから保管したかったのもありそう?

フギンとムニン、対応するのは記憶と思考で、ムニンの方は変化担当の副次機能のはずだし
ガドル工場の対フギン戦の時、ジルちゃん、ほとんどシステムそのものと戦ってたようなモンじゃ
永遠の命を得る代わりに自我を捨てた代表例がシステム≒ムニンって訳か
12話でフギンやムニンが所属しているゲーム警察はその後どうなったのか気になります。
#デカダンス公式質問箱
デカダンスでフギンがサングラスなのは、エージェント・スミスだったのか。

最後のムニン(システム)の「システムはバグを内包していてバグと共にジンテーゼする」というのは、マトリックスレボリューションズのオラクルですね。

マトリックスレボリューションズのオマージュとして最高の出来だったと思う

ミナトさんが司令官退いてトップに立ってるの確実にあの世界に新しい風が吹いてて良いよね 

ムニン≒システムがデカダンスの中でカブラギさんと話したことで何かが変わったんだろうって思うと泣く
唐突に
ムニンが見せた生まれ故郷にスカイツリーっぽいのがあったからシステムは日本産だと仮定すると、

使われてる文字が日本語なのもそういうことなのかな〜とぼんやり思ったりした
デカダンス、物理的には最早アンドロイドであるにも関わらずサイボーグと名乗っているのは、

元の人間の脳機能まで代替できるまで技術進んで人格コピーした為彼らはAIではなく、AIなのはシステムであるムニンだけ、つまり無人…ということか

#デカダンス
フギンはあくまでもシステムの代行者だけど、システムの大元がバグを黙認しているのに対して独断で「世界にバグは不要です」やってたとしたら、

それこそカブラギと比にならないバグじゃないかと、、

ユーラシア大陸空気は綺麗になってる時点で旧システムの支配時代長いのかな。司令塔(ムニン)の意図は末端(ソリクエ社員)理解してなくても環境改善頑張った…?

ムニンだけが知ってるシステム設計初期の世界の理想(ブループリント)をミナトに引き継いでたりはしないのかね??ないかー…
仮にシステムに人間みたいな人格があった場合何年正気で世界運営できるもんなんだろうな。案外ムニンも最初は穏やかな運営していた可能性もあるのかしら。

段々狂っていったとか。

結局うまい繫がりがみえなかったんだけど、フギンとムニンは北欧神話にてオーディンの従える2羽のカラス。オーディンによって人語を喋れるようになった。

システムとオーディンの繫がりがまるで見えん。なぜあの名を使った。#デカダンス
私は新しいシステムと司令をニッコニコで眺めながら小言を言ってくるムニンとそんなムニンを無言で眺めるフギンが見たい



デカダンス Blu-ray BOX 上巻
小西克幸(出演), 楠木ともり(出演), 鳥海浩輔(出演),  立川譲(監督)
KADOKAWA アニメーション

¥15,246【2020年09月30日22時30分現在】



ネットの注目記事