あさひなぐ907




漫画「あさひなぐ」最終回結末ネタバレ感想やラスト(最後)どうなったか、考察、レビュー・面白いかつまらないか等をまとめました!!(あさひなぐ最終巻34巻ネタバレ感想)

9月7日発売のビッグコミックスピリッツでついに「あさひなぐ」が連載終了しましたね



漫画「あさひなぐ」最終回結末ネタバレ感想やラスト(最後)どうなったかまとめ


漫画「あさひなぐ」最終回結末ネタバレ感想

0、インターハイ(全国大会)の結果は二ツ坂高校優勝
二ツ坂高校vs熊本東戦は大将戦で東島旭が島田十和に勝利
代表戦では宮路真春が戸井田奈歩に勝利し3勝2敗1引き分けでの優勝であった

1、それから半年後、3年生達(大倉文乃、野上えり)の卒業式。紺野さくらや八十村将子達はその準備等をしたり別れを惜しむ。旭は宮地真春と稽古中

2、旭と宮地真春の会話。旭「コートの中にいる時って絶対ひとりじゃないんです。絶対に向こう側に誰かがいるんです」稽古が終わる。

真春が去ろうとすると旭「いかないで先輩!!!」、真春「や~だよ!!」
旭のモノローグ「いつか大人になって今の気持ちを忘れても今日の事は忘れないだろう。貴方の事は忘れないだろう」

旭「ですよね!!ありがとうございました」旭が笑顔で涙を流す

3、外で待っていた宮路夏之と旭の手がぶつかり手を握り合う描写
夏之と旭が付き合うのを暗喩しているのかは分からないが仲は良いようだ

薙刀部の皆が待っている中に走る旭。「いつも誰かがいてくれる...」(完結)

漫画「あさひなぐ」最終回結末ネタバレ感想やラスト(最後)どうなったかに関するファンの評価


あさひなぐ最終回、読了。
素晴らしく、気持ちのいいラストだった。9年半も読んできたのかぁ。

たくさん心が震えたよね。毎週楽しみでした、ありがとう

あさひなぐ最終回、さわやかな終わり方だったな。旭と夏之も距離縮まった感じだし。てか9年半もやってたんだっけ…ずっと目が離せないマンガでした。

こざき亜衣先生の次回作にも期待してます。


あさひなぐ最終話、武道場の外での旭と真春の最後の会話が映画版キャストで脳内再生されてエモエモにエモくて、見開きの真春がそのまんま白石さんに見えてきて、

実際に卒業する時に例えば飛鳥ちゃんとかから同じ事を言われても同じ笑顔を見せるんではないかと思えてきたしなんか泣きそう。
『あさひなぐ』最終回美しかった。人生の美しさってこれだろと。愛しいものをとどめておくことはできなくても、それはたしかにあったのだから。

そしてまた新たな風が吹き 身に打ち寄せてくる波がある

決勝戦を描かないタッチ方式でしたね、あさひなぐ最終回
68: 名無しの電書速報さん
原作漫画「あさひなぐ」の最終回ラストをネタバレ感想
卒業式で宮路真春と東島旭が稽古して旭が行かないでっていうけど真春がや~だよ
笑顔で号泣の別れに

そして薙刀部の仲間達の所に歩きながら「いつも誰かが近くにいる」ってモノローグで完結した

71: 名無しの電書速報さん
小林先生軽くて良い先生だったな

73: 名無しの電書速報さん
「やーだよ」からの旭号泣はあさひなぐ屈指の名場面だったな

74: 名無しの電書速報さん
最終巻34巻分厚そうね

78: 名無しの電書速報さん
あさひなぐが最終話の最後どうなったかをネタバレすると
インターハイの結果は二ツ坂高校が優勝した

先鋒 紺野さくら(敗北×)VS戸井田奈歩(勝利〇)
次鋒 八十村将子(勝利〇)VS荻 久子(敗北×)
中堅 大倉文乃(敗北×)VS木庭 遥(勝利〇)
副将 野上えり(引き分け△)VS.吉里百合音(引き分け△)
大将 東島 旭(勝利〇)VS島田十和(敗北×)
代表戦 宮地真春(勝利〇)vs戸井田奈歩(敗北×)

でラスト旭と真春のやり取りがあって旭と夏之がくっつくのを匂わせる描写で終わり

82: 名無しの電書速報さん
旭と夏之が付き合うのを匂わせて終わったね
他の漫画だったら炎上しそう

85: 名無しの電書速報さん
熊本東戦の宮地真春vs戸井田奈歩カットしたのは
ハードル上がって作者が描き切れそうもなかったからかな

逆張り好きだから皆が見たい展開をあえて見せなかったのかもだけど

88: 名無しの電書速報さん
あさひなぐ全国大会の結果が二ツ坂高校優勝で何より

93: 名無しの電書速報さん
インターハイ編からはつまらないか面白いかで論争あるほど評価分かれてたけど
やっぱ名作だよね

普通に良い終わり方だった

98: 名無しの電書速報さん
人気作過ぎてスピリッツから引き伸ばし要請もあっただろうにスパッと完結させたな
グダグダになるかならないかの絶妙な所で終わらせる事が出来た

104: 名無しの電書速報さん
旭と真春物語だから最初も最後もこの二人で締めたって事だよね

109: 名無しの電書速報さん
国陵高校戦まで、一堂寧々戦がピークという風潮あるけどラストまで面白かったよな

118: 名無しの電書速報さん
個人的にあさひなぐの名試合は旭vs島田十和戦

123: 名無しの電書速報さん
白滝院での寿慶による夏合宿とか青春やってて良かった
ベストバウトは全試合で

128: 名無しの電書速報さん
あさひなぐのベストバウトって一堂寧々戦、寒河江純戦、的林つぐみ戦と大体國陵高校戦が挙げられるよね

132: 名無しの電書速報さん
あさひなぐの結末をネタバレすると
インターハイ決勝戦の相手熊本東に勝利して優勝

最後は旭と真春のやりとりがあって
旭の近くにはいつも誰かがいてくれるEND

139: 名無しの電書速報さん
真春の怪我設定いらなかったな
インハイ予選の旭寧々戦がピーク

143: 名無しの電書速報さん
最終話のカラー集合扉絵で武園高校いて懐かしくなった
スピリッツの西野七瀬特集みたいなのも愛があって良かった

151: 名無しの電書速報さん
バックナンバーでラスト付近読んでるけどあさひなぐって打ち切り?
真春vs戸井田戦カットされてて1話飛ばしたと思ったわ

153: 名無しの電書速報さん
>>151
円満終了です

163: 名無しの電書速報さん
あさひなぐ最終回&最終巻34巻ネタバレ感想

1、各校の3年の卒業式と見送る後輩たちの話

センターカラーで全キャラ集合の扉絵付き
聖泉学院薙刀部や藤ヶ丘高校薙刀部とかもいたかな忘れた

2、八十村将子と紺野さくら、野上えり・大倉文乃が雑談

3、代表選に補欠を出して優勝したので二ツ坂高校優勝は物議を生み来年からはレギュラーの中で代表を出すという条文が生まれたとか
やす子先生と小林先生はギリギリセーフとかゆるい

4、道場で旭と真春が稽古。真春はインターハイ後に一度も練習する事なく
膝の手術

旭の名言「コートの中にいる時って絶対ひとりじゃないんです。絶対に向こう側に誰かがいるんです。」練習終了

真春「行くわ」旭「行かないで」、真春「やーだよ」

旭のモノローグ「いつか大人になって今の気持ちを思い出せなくなっても今日の事は忘れないだろう。あなたの事は忘れないだろう」

旭「ですよね!!」「ありがとうございました」号泣しながら笑顔で見送る

5、旭が外に出ると夏之が待っててその手と手がぶつかり握り合う
「コートの反対側にはいつも誰かがいる。私の人生には必ず誰かがいる。いつも誰かがいる」終わり

ネットで話題の記事





174: 名無しの電書速報さん
「いつも誰かがいる」というあさひなぐ最高の名シーンで完結は素晴らしい

179: 名無しの電書速報さん
旭と宮路真春の百合漫画という事か
最終回のその後を描いた番外編やスピンオフやって欲しいね

そっか、あさひなぐ遂に完結しちゃったんだ
あさひなぐ、最終話。

登場人物紹介に愛がこもりすぎてる…

本誌買っててよかった、あ、単行本も買います。
#あさひなぐ
あさひなぐが終わってしまった。
真春の見開きは素晴らしかった。

私的ランキングはリボーンの棋士、あさひなぐが終わってしまったことにより、BGWが首位へと躍り出た。

#スピリッツ
あさひなぐ今日で完結したのか…また名作が終わってしまった。
あさひなぐ完

的ちゃんと三須さんと一堂さんが好きだったなぁ。あーあとさくらも

主役校より國陵がずっと気になってた思い出w
#あさひなぐ
おそらく中学であさひなぐという作品に出会ってたら高校は薙刀がある高校を選んだと思うってくらい久しぶりにのめり込んだスポコン漫画だった。

この作品に出会わせてくれた乃木坂には感謝しかないしこざき亜衣先生本当にお疲れ様でした。

「あさひなぐ」も今号で完結か~。
薙刀漫画って珍しかったからなぁ。

『彼女たちの2年間、皆さまとの9年半。』お疲れ様でした。
あさひなぐ、終わってしまった。

秋元康界隈とのメディア展開はあまり好みではなかったけどめちゃくちゃ好きな漫画だった。

地区予選団体決勝の大将戦からの代表者戦は歴代マンガのベストバウトの1つだと思う

「あさひなぐ」の最終話が読みたくて、初めてスピリッツを買った。買うかどうか迷った自分に説教したくなった。

ありがとう、東島旭。ありがとう、こざき亜衣先生。
あさひなぐ先週と今週の最終話でめちゃくちゃ久しぶりに富士高が出てきて懐かしさ感じた
スピリッツ。あさひなぐ完結お疲れ様でした。正直、決勝まで全然読んでなかったのですが、決勝の女同士のクソデカ感情だけで読むに値する傑作でした。

咲クラとかに刺さると思います。後で単行本追っかけよう。

あさひなぐ最終巻あと1ヶ月もないやん…前巻から4ヶ月くらい経ってるの早すぎる…
あさひなぐも凄く面白い漫画で何度も泣かされた、最終回も当然号泣
次作はどんなものを描くんだろう、楽しみだな
あさひなぐ終わっちまった…

最初部活!青春!だったのが話進むにつれ段々ガチに武道、勝負に偏っていったけど
最終話は序盤の対になってて"らしい"終わり方だったかな

あさひなぐ最終話を読んだ
とてもとても爽やかな読後感

武道として競技として青春として薙刀を描いた良き漫画でした




あさひなぐ(33) (ビッグコミックス)
こざき亜衣(著)
小学館

¥605【2020年09月07日22時14分現在】


ネットの注目記事