馳星周728




Kindleで文藝春秋が馳星周先生の人気小説20%ポイント還元セールを開幕しましたね

●【20%ポイント還元】文藝春秋 「馳 星周」先生直木賞受賞記念小説セール

「少年と犬」「生誕祭」「M」「復活祭」等6冊が参戦しています。


\【Kindle・20%ポイント還元】/
☆文藝春秋 「馳 星周」先生直木賞受賞記念小説セール
が始まりました!! amzn.to/30SVqJs

●「少年と犬」
●「9・11倶楽部」
●「生誕祭」
●「M(エム)」
●「復活祭」

等6冊が集結!!(7/31まで) pic.twitter.com/ejxFVFDQI4
直木賞をとった馳星周の『少年と犬』を読んだ

馳作品は『不夜城』をはじめとするノワール小説な作風が好きで青春時代に夢中になって読んでたんだけど

今作は犬のお話だということで、氏は愛犬家ということなので安心して読み進められた

直木賞の『少年と犬』おもしろかった。ぐいぐい読んじゃった。
少年と犬を読破した
最後は涙腺が😭
少年と犬読みはじめたら犬と暮らしたくなってきたワン
直木賞受賞した「少年と犬」も少しずつ読んでるんだが、これもおもしろい…第一章で「えっ…ええっ!?」ってなった。
少年と犬読んでるんだけど、なかなか心が苦しくなる。
何年ぶりか、本を読む。
少年と犬。
馳星周著「少年と犬」(文藝春秋)を読了しました。
連作短編集は概して好きなのですが、素晴らしかった。

この直木賞受賞作に対して私如きがどんな修辞を尽くそうとも言葉は足りない。

ただ一言「ブラァーボー!」と伝えるだけで十分である。

馳星周の「少年と犬」はある被災犬とそのときどきの飼い主を巡る物語。

散歩ボランティアしてた福島の犬がビルの前で入りたそうにしてたな、など思い出す。
本『少年と犬』(馳星周)、犬🐕が一層好きになる。犬に教えられることあるなぁと痛感、
馳星周「少年と犬」読み中。なぜ不夜城の作家さんが犬の話?と思ったけど、ちゃんと地続きだった。

若いころギラギラしてた同級生と何十年ぶりに偶然再会したら、クタびれた組員になってた、みたいな感覚。でもすごくいいです。

馳星周の「少年と犬」、まだ途中だけれど、馳星周版「死神の精度」という感じ。引き込まれる。
久しぶりにいい本読んだな
犬と少年最高やな
「少年と犬」一気読み
人間の孤独に犬が寄り添う物語

犬と生活してると、犬の中に神性とも感じられる瞬間を見つけることがある

馳星周作品で、「少年と犬」というタイトルで、"犬"が日本に流れてきた黒亥子の暗殺者とかではなく本当に犬なの、衝撃的だな。
馳星周さんの「少年と犬」
大好きな犬の思い出とともに
読み終わった🐶
馳星周『少年と犬』文藝春秋を読了。
ついに直木賞受賞…感慨深い。でも改めて著作リストみると最近の作品ほぼ未読…反省。

で、今回の受賞作だけど確かに悪くない。いやむしろ手練れの筆致による静かな感動作だ。

ただやっぱり期待しちゃうのは胸が締めつけられるようなノワール小説だったりしてしまう