幻冬舎5292020




Kindleで幻冬舎が初夏の人気書籍&小説50%ポイント還元セールを開幕しました!!

実用書では

「大河の一滴」「メモの魔力」「革命のファンファーレ」「多動力」「大きな嘘の木の下で」「京大芸人式日本史」「モチベーション革命」「THE TEAM 5つの法則」「人生の勝算」「遅いインターネット」「渋谷ではたらく社長の告白」

2020-06-01_01h38_39

小説では

「蜜蜂と遠雷」「プラチナデータ」「破天荒フェニックス」「モンスター」「ぼくは愛を証明しようと思う。 」「消された文書」「メデューサの首 微生物研究室特任教授」「たゆたえども沈まず」等

合計2000冊以上が半額相当になっています。

●【50%ポイント還元】幻冬舎 初夏の大書籍セール

6月7日までです。

以下、人気作


プラチナデータ (幻冬舎文庫)
東野圭吾(著)
幻冬舎

756円(378pt)【2020年6月7日】

蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)
恩田陸(著)
幻冬舎


763円(382pt)【2020年6月7日】

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)
前田裕二(著)
幻冬舎


1463円(732pt)【2020年6月7日】

大河の一滴
大河の一滴
posted with AmaQuickat 2020.06.01
五木寛之(著)
幻冬舎


497円(249pt)【2020年6月7日】


感想・レビュー


蜜蜂と遠雷
本を読んでいる時に音や映像が頭の中で流れるのだけれど、映画で答え合わせするの楽しい
今更かもしれませんが、革命のファンファーレを読んでいます
メモの魔力って本が好きなんだけど、この本に出てくるメモの取り方をマスターしたら一気に成長出来るよね(・∀・)
メモの魔力を読んでからニュースや新聞を見たり、読書をするようになった

アウトプットはまだまだだけど、情報のインプット量は格段に増えたと思う😊
#メモの魔

OWNDAYSの田中修治さんの大きな嘘の木の下ですごい読みやすい
【読了:THE TEAM 5つの法則】
本の構成が分かりやすい。個人的には社会心理学の学術アプローチが都度掲載されているのは面白くて読んでいて楽しかった。

「自分はどんなチームを作って行きたいか」を考えるきっかけになる、読みやすい1冊でした。
多動力 / 堀江貴文
・とりあえず見切り発車で始めてしまって考える
・ハマって飽きてを繰り返して色々なスキルを身につけるうちにレアカードになれる

・人の時間も奪ってはいけないし、自分の時間を生きることも意識する
・日本人の変なバランス教に洗脳されるな
・バランスより突出した何かで希少価値
蜜蜂と遠雷の冒頭数行読んだだけで涙出てきた。ずっと求めてたフレーズ。