小説50%ポイント還元517




Kindleで春の大書籍&小説50%ポイント還元セールが始まりました!!

文藝春秋や集英社の作品中心に10000冊以上に50%ポイントが付いてます

参戦作品ですが

小説では「コンビニ人間」「燃えよ剣」「火花」「日本沈没」「点と線」「羊と鋼の森」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」「そして、バトンは渡された」「坂の上の雲」など2000冊

2020-05-17_21h46_18


実用書では「ナナメの夕暮れ」「道をひらく」「生涯投資家」「月曜断食」「実行力」「秋本治の仕事術」「寝ながら学べる構造主義」「もっと幸せに働こう」「最高のパフォーマンスを実現する超健康法」など5000冊のベストセラーが集結しています

●【50%ポイント還元】春の大書籍&小説セール

●【50%ポイント還元】文藝春秋 春の小説&書籍セール

●【50%ポイント還元】集英社 春の大書籍セール

●【50%ポイント還元】PHP 春の大書籍セール

5月28日までです。

以下、人気作


コンビニ人間 (文春文庫)
村田 沙耶香(著)
文藝春秋

631円(316pt)【2020年5月28日まで】

火花 (文春文庫)
火花 (文春文庫)
posted with AmaQuickat 2020.05.17
又吉直樹(著)
文藝春秋


509円(255pt)【2020年5月28日まで】

路 (文春文庫)
路 (文春文庫)
posted with AmaQuickat 2020.05.17
吉田修一(著)
文藝春秋


734円(367pt)【2020年5月28日まで】

実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた (PHP新書)
橋下 徹(著)
PHP研究所


850円(425pt)【2020年5月28日まで】

生涯投資家 (文春文庫)
村上 世彰(著)
文藝春秋


730円(365pt)【2020年5月28日まで】

感想・レビュー


「生涯投資家」めちゃくちゃ面白そうやから読みたい
吉田修一著『路』は自分が気に入っている小説の一つなので、映像化はとても嬉しい 台湾の雰囲気がすごく伝わってくる作品 もちろん昨日ドラマ観ました
中川裕先生の「アイヌ文化で読み解く『ゴールデンカムイ』」(集英社新書)読んでる.面白い.
キネマの神様ようやく読み進めてるけどこれは志村けんさんで観たかったなぁ…そして映画好きにはたまらない言葉がたくさんではやく映画館で映画が観てぇ〜
若林正恭「ナナメの夕暮れ」ちょろちょろ読んでます。『キューバへ』という話が好き。異国の香りと郷愁が混ざり合ってなんともいえない気持ちになる。

匂いが伝わってきそうな気がする。
「道をひらく」

私のバイブルの1つです。
村田沙耶香のコンビニ人間
ぶっ飛んだ設定で面白かった 生きるのって難しいね
「そして、バトンは渡された」
ある女の子が親の離婚と再婚の繰り返しのせいで結局血の繋がらない男の人と生活することになって、その日常とその子にとって家族ってなんなのか、

を見つけるお話です!このお話の最後が好きなんですよ……日常のような非日常のようなふわふわした感じがたまらんのじゃ!
キネマの神様、好きな本トップ5くらいに入る。原田マハ好きになったきっかけの作品だから映画も楽しみにしてたんだよな
MB著「もっと幸せに働こう」
就活の意欲が起きない、進路を含めた生き方に迷ってる学生の皆さんにも読んでほしい内容でした。

論の展開や構成も心理学的にも素晴らしいし、著者の人間性の深さが滲み出てます。
仕事柄自己啓発本はよく読みますが(趣味も兼ねて)これは中でもおすすめです。
ナナメの夕暮れも半額になってるのか…定価で買ったがw
吉田修一の長編小説「路(ルウ)」。台湾に新幹線をつくる話。とても魅力的な作品で、私は平成の日本文学の10選に挙げた。

今日からNHKでドラマが放送される。3話完結とか。観ようかな。

#路