BIRDMEN320





漫画「BIRDMEN」最終16巻の感想や評価、ネタバレ・内容、面白いかつまらないか、レビュー・口コミ、評判・あらすじ、考察・ラスト(最後・結末)どうなったか等をまとめました!!


2020年3月18日発売の16巻をもって「BIRDMEN」がついに完結しましたね

16巻のあらすじ・内容
圧巻の…最終巻!!病気の翔馬を連れ、
EDEN関連施設に向かったつばめ。

応答しない彼女に、烏丸たちはあるミッションを行う…!

一方、エヴァは未だEDEN本部の底に…最後の七翼と出会う為に、
烏丸たちがとった行動は―――!?

無数の翼が、未来を変えるべく
一丸となる…圧巻の最終巻!!!!(引用元・小学館Eコミックストア)

「結界師」の作者の最新作ですが何だかんだ7年近い超長期連載になりましたね

駆け足過ぎた事、伏線をほぼ回収しなかった事で打ち切りなのではないか?と怒っている読者が結構多い感じです

「結界師」の時もこんな感じだったので田辺イエロウさんの作風なのかもしれませんので真相は分からず仕舞いなのですが。

ただ最後まで描き切ってくれて良かった感はありますね

次回作期待大です。


BIRDMENの最終巻、良き………少年少女の成長の尊さよ……英ちゃんと鷹山の友情の尊さよ………最高………
BIRDMEN16巻、完結良かったー。最後の一コマが相変わらずなの笑ってしまった。田辺イエロウさんの作品って、主人公が少し生意気で、でも真っ直ぐで、好きになる。

最後もっとじっくりやると思ってたのは本音だけど、この終わり方でもスッキリ。
次回作も期待したいです

『BIRDMEN』最終16巻読了
まさに“幼年期の終り”だった。すべてがひとつになるが最後は“ひとり”の物語に収束する、ナウくて普遍的なミニマムさが大好き。

クライマックスのA.クラークリスペクトでちょっと泣いた。
少年漫画の革を被った次世代のクラシックSF。オススメ。

TOMORROW IS IN YOUR HANDS.
birdmen終わったのか、難しいテーマだったけど無難に着陸させたなー。
お疲れ様でした。

もうちょっと紆余曲折を見たかったが贅沢だな。
BIRDMEN16巻読みました
話はかなり壮大に広がってたけど、出した答えは割りとシンプルに感じて、子ども達が出した答えって感じがして、

でもその答えを出せたのはセラフィム同士の繋がりがあったからこそで、ただ勢いで決めたことでも無いのが…とてもよかったです(号泣)

BIRDMEN16巻!完結!
いや、めちゃくちゃ良かった…

何だろうやっぱ変化と進歩って勇気がいるというかその不変なんてないと思うあれだ!

田辺イエロウ先生ありがとうございました!

田辺イエロウ「BIRDMEN」16巻読了。
無事完結!結界師よりもダーク感高めの作風にどうなるかとドキドキしたけれど、少年漫画らしいラストで良かった。

少年漫画にはやっぱり未来に希望の見える読後感が欲しい。甘っちょろくても良いじゃない!少年漫画なんだもの!
pic.twitter.com/eEjN10qSVG
ああ〜〜
BIRDMEN最終巻😭😭😭
おわっちゃった…
でも爽やかでいい終わりだったな

進化出来ない大人は可能性のある子供に嫉妬しないのかな?それ系の波乱ないのかな?

とかテロの被害者との軋轢とか無いのかなとか法整備についてとか想像の余地があり
かつ子供たちには希望が溢れたいいラストです…
BIRDMEN16巻読み終わった~
無事終わって良かった良かった。

最後、中国組の光鳳の活躍がなかったのは残念。
BIRDMEN神すぎて無理!
だいぶ初期に遡って、烏丸の写真写りが悪すぎて座敷わらし説っていうのを最後まで貫いてて笑った!

イエロウ先生の作品読んで毎回思うのは、初期設定からは想像できないほどの圧倒的スケールかなって思ったりする。

控えめに言って田辺イエロウ大好き

BIRDMEN16巻読んだ。まさか最終巻とは思わず、買うとき二度見したけど、面白い漫画だった…!

結界師描いてた田辺イエロウさんの新作だから興味のある日とは是非!面白いよ!!!
BIRDMEN16巻!完結!
いや、めちゃくちゃ良かった…

何だろうやっぱ変化と進歩って勇気がいるというかその不変なんてないと思うあれだ!

田辺イエロウ先生ありがとうございました!

BIRDMENの最終巻、話難しいしなんとも言えない着地だったけど7巻の鷹山の英ちゃん宅訪問オマージュがあったのは最高でした ໒꒱· ゚
結界師35巻だったからBIRDMENもそんくらいかなとか思ってたけど、まさか16巻で終わってしまうとは
BIRDMEN新刊出てたから読んだらまさかの着地した( ゚Д゚)相変わらずビミョ~な終わり方だけどついつい読んじゃうんだよなイエロウ…
BIRDMEN、最終巻か。面白くはあったけどちょっと話しを急いで拡げ過ぎたような。でも、題材に書けそうなんだよなぁ。
745: 名無しの電書速報さん
鷹山は鷹山だったと 

平々凡々に終わった感じ 
メインキャラの離反無し 
対抗相手はいない 
大人の支配から逃れた物語

671: 名無しの電書速報さん
人間やめても人間性を失わない烏丸が、人外の鷹山にとって世界と自分を繋ぎ止めてくれる絆とか救いになってるという

きれいなラストだとは思うよ

696: 名無しの電書速報さん
思ったよりさわやかな終わり方でそれはそれでまぁいいかなんだけど
やっぱりとっちらかっちゃってた感が強いよねぇ

鷹山もそうだけどエヴァがどうにももうひとつ
なんだったのかどうしたかったのかよくわからん

655: 名無しの電書速報さん
完全な打ち切りENDやなー
伏線回収ほぼゼロ…

656: 名無しの電書速報さん
不穏な終わり方が多いこの作者にしては前向きで爽やかな終わり方だった
これで伏線回収さえ済んでれば自分の中ではかなり満足だったんだが

910: 名無しの電書速報さん
単行本派で、さっき最終巻読み終えた。
人類がこれからどうなるんだーなんてワクワクしながら読み始めたら、打ち切り臭いハイペースな畳み方と、殺伐していたキャラ達の平和すぎるラストにポカーンとした。

つまんないとか、そういう憤りもない虚無感と、残された疑問。
鷹山って、結局何だったの?
世界の外側って何、異次元?

それとも集合無意識とかなんとか言って、セラフの精神ネットワークに情報生命体として寄生でもするの?
それとも人工衛星よろしく軌道上から皆を見守るの?

俺が伏線読み取れてなかった?
……15巻までは素直に楽しめたのに、ホント何これ。

914: 名無しの電書速報さん
>>910
大丈夫
読んでた人ほぼ同じ感想

881: 名無しの電書速報さん
主人公が周りに振り回されず渡り歩いていけるようになるあたりは王道だけど結界師もこっちも好きだった

704: 名無しの電書速報さん
烏丸→洗脳、声のでかさ
マライカ→初期化
ラファエル→セラフとセラフになりかけの子供の意思確認
エヴァ→セラフでも人でもない生物へのゲノム作り

ここら辺はまあ納得できるがあとはよく分からん
サクルはブラックアウトの説明に使ってたが必要かと言われると…リンカーのがよほど重要じゃねって気も

エンデに至ってはどんな能力かすらよく分からん
困った時の何でもあり枠だったのか?

こう考えるとやっぱり打ち切りだったのかね

822: 名無しの電書速報さん
こういう結末になるのは結界師の読者ならわかってたろ
イエロウの漫画で変な大人がカッコつけてしゃしゃってきたらもうそいつらの自分語りで完結すると思った方がいい

818: 名無しの電書速報さん
描ききった部分は大きいだろうし一方で売り上げは落ちてそうだから早めに終わった可能性もあるよね
結界師の前例もあるから今回もあれが作者の技量だと思う

763: 名無しの電書速報さん
最終局面で鳥部5人の能力が鍵を握るみたいな展開を期待していたら
烏丸鷹山以外ほぼ蚊帳の外だった

713: 名無しの電書速報さん
最終話読んだ。完結おめでとうございます
フェアリーとアイリーンはもうちょっと活躍の場欲しかったねぇ

724: 名無しの電書速報さん
英ちゃんの変化と世界が変わろうとしているというドラマだけが描きたかったんだろうね。

実際に世界がどう変わったかは物語として描く必要がなかったということか。それを描くには作者の手には余るということでもあろうけど。

894: 名無しの電書速報さん
まさかこんなショボく終焉を迎えることになるとは…
途中まではホントに面白く読んでたんだけどなあ

812: 名無しの電書速報さん
アーサーが死んだあと次に狙われるのは烏丸だみたいな話になったのに結局何もなかったな
そういう「何か起こりそうで起こらない」肩透かしが多かった

734: 名無しの電書速報さん
先導するのが主人公と思ったら
違う先導者が世界に発信って感じだったし

映画の宇宙戦争みたいに
なんか自分とは関係ないところで
終戦してましたっていう感じがあって
モヤモヤするのかなぁ
796: 名無しの電書速報さん
対立組織とか登場人物とか一杯出すの好きなんだよ。この人。
結界師もすごい大人数だった。

改めて読み直してみたが最終回としては悪くなかったと思うぞ。
色々ぶん投げたがw

864: 名無しの電書速報さん
居場所の無い少年少女、突然巻き込まれるトラウマが怪物となって襲ってくる戦い、謎の秘密結社、人類滅亡のウイルス
設定はエヴァンゲリオン並みに緊張感と絶望感あるのに緩ーく解決しちゃったもんな

835: 名無しの電書速報さん
不明点が多い終わり方になったけど、全体的に面白かった。日本編が特に面白かった。
鷹山の謎が多い所はワクワクしたけど、結局何も分からなかったのは残念。やっぱり面白さよりモヤモヤ感が強い。

862: 名無しの電書速報さん
大層なもの匂わせといて肩透かしで終わっちゃうのは少年漫画っぽいと思った

904: 名無しの電書速報さん
好きだっただけに色々と惜しいな、まだ読みたかった

901: 名無しの電書速報さん
最後まで面白かったよ。終わり方が打ち切りと言われても仕方ない終わり方なだけで

BIRDMEN、話が分からんくなったw
てか、あっさり終わった
求めてたのそこだったっけw

まぁなんか面白かったw
オチ好きなので良し

うわ……最終巻の表紙がこれってすごい……結界師の表紙がどれも鮮やかな色彩が綺麗ですきで、

BIRDMENの表紙ももちろんすきなんだけど二色に統一するとはずいぶんスタイリッシュに振ったなぁと思ってたら、この最終巻ですよ……すげーや
ネットで話題の記事





BIRDMEN16巻表紙
本当良き…良きもの

ちっちゃくても一発でわかる鴨ちゃんw

BIRDMEN16巻表紙裏表紙がもう素敵
タペストリーにしてくれ
BIRDMEN打ち切りじゃないと思うけど、ラスト駆け足すぎて打ち切りかと思、、、😢😢
あとがきも意味深だし、、、、
BIRDMENこんなに面白いのになんで終わっちゃうんだろう悲しい〜〜〜
作者の望まない引き延ばしもやだけど、、、

BIRDMEN最終巻読んで思ったけど、鷹山くんに烏丸の性格とかくっついたらルカだわ。
つまりルカ最強じゃね?私の中では。シスコンだけど
BIRDMEN、一巻かけて丁寧に導入やってたから変に引き伸ばしたりせずに先生の思うように畳めたんだといいなぁ
あ、BIRDMEN終わったんだ……意外とあっさり目というかなんというか
BIRDMEN最終巻まで完走。
世間に悪態ばかりついていた普通の少年が、世界丸ごと味方につけて常識をひっくり返すそんな物語。

テンポのいい茶番パートと洋画の吹き替えみたいな言い回しが好きでした。
BIRDMENの最終巻買ったけどこの巻だけカバーに色彩があるのエモすぎる
BIRDMEN最終巻おわり!もっとみんなの旅を見たかったけどこの辺りが締めなんだろうなぁ。
BIRDMENの表紙…ずっと1色カラーの上に1人ずつモノクロのみで描かれていた子たちが最終巻で集合してカラフルになってるのだけで

なんか泣きそうになってしまいページがめくれないんだよ
BIRDMEN最終巻
感無量
旅路を楽しみ尽くした

BIRDMEN16巻
やっぱり烏丸はカッコイイ!!
凄いグッてきた

俺も翼欲しい pic.twitter.com/g5rypgVa1J
はぁ……………
鷹山くん好き…………………………。
BIRDMEN最終巻良かった………………。
BIRDMENの最終巻読んだ やっぱ結界師と違って駆け足くさいよなこれ
BIRDMEN最終巻読んだ。面白かった。1巻から追ってたけど大きい本屋じゃないと置いてない事も多くて15巻買えたのも今日だったし()

今まで単色だったのにカバーがいきなり色鮮やかになってたのには驚いた。自分だったらまだ子供だからセラフになれるしなりたいかな。空飛んでみたいし

結界師も面白いし
終末のラフターも面白い
BIRDMENも面白い

田辺イエロウさん
素敵な作品ばっかり✨
BIRDMEN完結!
面白い作品でした…田辺イエロウ先生に感謝🙏🙏🙏
BIRDMEN最終巻読んだんだけどやられてしまった……………烏丸英司………………………こんなの好きになってしまうやつじゃん…………
BIRDMEN終わっちゃったの寂しいな…
進化とか翼とか謎の研究施設とかクローンとか全体的に好きな要素モリモリだし

セラフィム同士では絶対に争わない様になってる仕様が天才すぎ好きすぎ
みんな基本的にいい子すぎ好き
BIRDMEN最終巻読了ーーーーー良い旅だった


BIRDMEN(16) (少年サンデーコミックス)
田辺イエロウ(著)
小学館

¥462【2020年03月20日02時45分現在】


ネットの注目記事