映像120




アニメ「映像研には手を出すな!」11話の感想や評価、反応・実況、面白いかつまらないか、ネタバレ・内容、評判・考察などをまとめました!!

※3月12日放送の第11話「それぞれの存在!」の感想をまとめたものです。

(C)「映像研には手を出すな!」大童澄瞳 小学館 「映像研」製作委員会

映像研11話視聴
中学時代の浅草氏と金森氏の話がいい
映像研には手を出すな! 11話。金森氏が風邪を引くトラブルがありつつも、ようやく作品の筋が決まり完成へ。…というところでこの引き。さてどうしますか。
アニメ「映像研には手を出すな!」第11話

今回も芝浜を探検するんだけど、ワクワク感が止まらず、好奇心くすぐられる場面がたくさんあって。

浅草氏と金森氏の出会いもサラッとだけど、それがまた良い味が出ていて。

次回どうなる!?って終わり方で、気になって仕方ない。。

@映像研には手を出すな! 11話 納期まであと45日。街が兵器に変形する理由、まだ決まってない♪ 『・・そもそも、なぜ戦う?』 それを言っちゃあ、お終いよ(笑)

確かに衝立はあったほうがいいねぇ。もっとあった方がいいのは応接室。決まっていない事は多い。あは、警備部、めちゃくちゃするなぁ。
#映像研には手を出すな 第11話を見ました。
いつもと違う教頭先生の穏やかな姿や、浅草氏と金森氏の出会いの思い出や、川の探検を経て“共存・共生”のテーマに行きつく浅草氏

浅草氏の考えたストーリーは面白そうでしたね。
最後急展開で来週最終回、映像研の明日はどっちだ!
pic.twitter.com/kMO3PI9Mui
アニメ映像研11話、学校がどれだけ圧力をかけてこようとも、その枠組みの外側を動かして状況を打破できるように準備してた金森氏が流石すぎる。

浅草氏担当のストーリーもなかなか面白いのが出てきた。
しかし芝浜ってなんであんな不思議な地形になったんだろうな。
映像研には手を出すな!、第11話を見た。ベタな学園コメディしていて、浅草氏と金森氏の馴れ初めが描かれていて、冒険描写が楽しくて、今回もめちゃ面白かった。

ウブな中一浅草氏が可愛くて良かった。あと、舞台の芝浜に住んでみたい。あとあと、超今更だけど、実写ドラマ&映画も控えているのか!!

映像研11話は浅草氏の視点が多かった。

自身と金森氏との関係性を振り返りつつ提示されるのが共生というワード、それが人間と河童の共生というストーリーに形づくられていく。

育った町を舞台にするだけでなく、自分自身の立ち位置も作品に織り込んでいく、ほほうそう来ましたかと・・・
映像研アニメ11話、原作だと攻殻パロディ回だったけど、アニメでは控えめだったな…
映像研には手を出すな!11話
テーマは共存
環境が価値観を作る。

色んな考えがあって当たり前
口うるさい生徒会も、やる気のないと思った顧問も、圧力をかけてくる教頭も

全部ひっくるめて持ちつ持たれつ
現実もリンクさせる作品作りでしたな

#映像研 pic.twitter.com/ulS73sODyt
映像研には手を出すな11話。
浅草さんと金森さんの出会いの話が意外といえば意外(浅草さんが当初金森さんと絶対に関わりたくないと思ってたところ)だったし

らしいといえばらしいなと(浅草さんが人見知りでぼっちだったところ)。あれから今までずっと二人は友達ではなく利害関係が一致してる仲間なんだ。
映像研は11話でようやく
前の話でも出てたり作者も言ってたりした「友達じゃなくて仲間」ってのが理解できる様になる感じがある

繋がり方としてはやっぱり一般的には男性に多い絆の形ではあるけど、見れば男女問わずそれに憧れを抱くような展開やったなぁと
映像研には手を出すな! 11話
懐かしい〜「この線の外はマグマ」とか兄とよくやったなぁ…。浅草氏が川に落ちた時、金森氏がなんの躊躇もなく飛び込んだのがグッときた。

彼女のこういう本能的な人の良さが好き。金の亡者で計算づくみたいに見えるけど、彼女は本当に良い人だと思う。

映像研には手を出すな!11話
ついにストーリーが完成した!あとは完成を待つだけだと思ったらまだ問題が!とはいえどうなるか楽しみだな

金森氏は相変わらず有能だったし浅草氏の脚本に金森氏との関係が絡んでるのもなんかいい

次は最終回、原作を知らない作品の中では今季1番だから楽しみだ!
映像研スゴい。11話の終盤に感嘆。これまでに出てきた様々なパンチラインが全部その一点に集約されてくる。全部繋がってくる。

断片として良かったものが全部繋がってくる。

ネットで話題の記事





映像研11話消化してるんだけどはぁぁ…!浅草氏が水に落ちたとこの、リアクションもなしにスッと助けに飛び込む金森氏がかっこよすぎて夢オンナになってしまう…

しかもそれで風邪引いてるのやっばい…。回想もやっばい…浅草氏の笑顔…。お見舞いの水崎さんの優しい眼差しもすき…。
映像研11話〜〜!! いつもの冒険と探索! あれめちゃ楽しそうでわくわくする…! 今回特に浅草氏がイキイキした表情で、製作力入ってんな〜!👀✨
映像研には手を出すな! 11話
遊びもこれまでの経験も、全てが物語を作る際の礎となる
今回作る作品のテーマは"共存"

この1クールで繰り広げてきた物語の集大成として、凄く良いテーマだと思う!
しかし、トラブル発生で次回どうなるか...

#映像研 #eizouken_anime pic.twitter.com/NCCJAQcBWi
映像研には手を出すな!(11話)
最終的にガルガンティアみたいな設定になったな、河童は人間と見た目の違いが少ないみたいだし、忌避感とか違いそうだが....

いつぞやの謎装置設定も活かされたのは良かった。
流石に作画が出来上がるまで音楽チェックしないのはどうかと思うが、人少ないしなぁ#映像研
映像研11話の絵コンテが佐々木勅嘉でびっくりした。
映像研には手を出すな11話見ました…
相変わらずの世界観形成と金森氏と浅草氏の出会いやついに固まったストーリー!めっちゃよかったです(*^^*)

最後は少し不穏な雰囲気で終わったので次が楽しみです

映像研11話の、あたぼーよ。ぱーぺきじゃ って浅草氏が言うシーンとても好き。浅草氏の表情が最高
浅草氏、「ワシは切っ掛けや環境がないと何も出来ない」みたいなこと言ってたけど11話見てからこのセリフ見るとその切っ掛けと環境を与えたのは水崎氏と金森氏で、

あの笹の葉と同じように浅草氏の発想力にも環境によって価値が生まれたと考えるともう最高の「仲間」じゃないですか映像研

映像研11話もめちゃくちゃ良かった!浅草氏と金森氏の馴れ初めも見れて共感するとこがあったな...

1人は怖いけど人も怖いめちゃくちゃ分かるな〜
#映像研
映像研11話見てるー、散らばってた諸々の原作エピソードをここで一本のテーマにねじり込んで来たの見事過ぎるなあ…。

金森氏のマネジメント、水崎市の観察眼に続いて、浅草氏の経験が血肉になって作品に昇華される展開にしてるのすげえ好きィ…

映像研には手を出すな! 第11話
顧問が只者じゃない感あるw
浅草氏と金森氏の馴れ初め

金森氏から声かけたのか意外だった
きっかけが葉っぱなぁw

金森氏が風邪ひいたのは浅草氏助けたからかw
友達というより仲間って距離感好き。
『映像研には手を出すな!』11話、今までで一番面白かった。すげーアニメだ。

浅草氏は自分の経験、見たもの聴いたもの、感じたもの全てを作品に落とし込む才能がある。

だからこそ本編の伏線がアニメーションの設定という形で回収される。論理的な感情論。説得力のある情熱。良いアニメに出会った……。

映像研11話観終わった
次が最終話とかあっという間すぎる‥
アニオリシーンも違和感なく最高だし是非2期を‥
『映像研には手を出すな』第11話凄すぎた。
1話完結だった原作の各エピソードを時系列を変更することによって繋がりに意味を持たせ、流れを分断せずクライマックスに向けて見事に再構築してる。

なんて幸せなアニメなんだ。次回が最終話なのが寂しいけど楽しみ過ぎる。

映像研には手を出すな!の11話を見たのですが、攻殻機動隊の「やめんか!誰が撃てと命じた!?」から「入り口だ(窓の外だ)」の流れがあって

冒頭からぶちあがってしまった。
映像研11話、原作と本筋自体は同じだけど、テイストがガラッと変わってきたなぁと思わされる回だった


映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)
大童澄瞳(著)
小学館

¥605【2020年03月19日06時20分現在】


ネットの注目記事