映像120




アニメ「映像研には手を出すな!」8話の感想や評価、反応・実況、面白いかつまらないか、ネタバレ・内容、評判などをまとめました!!


※2月24日放送の第8話「大芝浜祭!」の感想をまとめたものです。

8話のあらすじ・内容

文化祭当日の朝、現場で生アテレコになってしまったものの、ロボットアニメはなんとかできあがった。浅草と百目鬼(どうめき)はギリギリまで音楽と効果音の調整を続ける。金森は、カリスマ読者モデルとしての水崎の知名度を利用して集客を図る。しかし、小野たちロボット研究部も協力した大がかりな宣伝は、生徒会に目をつけられてしまう。さらに、水崎がアニメを作っていることを隠している両親が、急に文化祭を見に来ることに!(引用元・アニメ公式サイト)

(C)「映像研には手を出すな!」大童澄瞳 小学館 「映像研」製作委員会

映像研8話視聴、やっぱり文化祭回は最高ですね。
#映像研には手を出すな 8話2回目。やっぱり見所しかない神回だ。

金森氏の鋭いビジネス感覚と浅草氏の的確な監督ぶりが光るイントロ、生徒会当局とのスリリングでアオハルの香り漂う抗争、

制作体制を強化した映像研の晴れ舞台、水崎氏と両親の対決と絆。

映像研の第8話ほんとに楽しくてカッコよくて感動的で何度でも見れる。

学園モノにおける文化祭なんていう美味しい行事テンションぶち上げなきゃ嘘ですよねっていうお手本のようなアニメだよ
映像研には手を出すな! 8話感想
ついに文化祭で上映
水崎氏親バレしたのに屈しないのかっけー
pic.twitter.com/Te6p6AOlsx
「映像研には手を出すな!」8話えがった……クリエイターあるあるとはまた別の方向でも青春していて、とてもえがった……
映像研には手を出すな!(8話)
ロボ研の部長頑張ったな。

水崎さんの家庭の問題とロボアニメ上映を1話に収めたため、ちょっとごちゃごちゃした印象はある、制作映像はそれ単体でじっくり見たかった。

まぁ、両親とは良い感じで終わったし、見たあとの印象も良く総じて良回。

#映像研
映像研8話、俗に言う神回だった
映像研8話熱い熱い熱い。

文化祭中のドタバタが面白くなるにつれてその先の水崎さんの対決への期待も上がっていくし、その上でのあのアニメ上映は興奮した。

さすが役者夫婦。
お茶捨てるシーンはおばあちゃんにも見てほしいやつ。
映像研には手を出すな 8話
ただただ面白かった・・・!!

浅草氏の最後のセリフにはうるっときた・・・もうこの3人にはやりたい事しか見えていないんだね。

#アニメ好きと繫がりたい pic.twitter.com/ROTzEwl7DP
映像研の8話また見て涙目になってた。

ラストの台詞とかもぐっと来るんだけど、ロボアニメ上映してる時の水崎父母の会話あたりでなんかぐわーってなるのよ。父の目を細める描写でなんかうぉおって。

あと冒頭の音合わせのシーンも後ろ向いてるのに会話に合わせてそれぞれが動いてるとことか文字数
映像研には手を出すな! 第8話 「大芝浜祭!」
水崎氏が段ボール被って走るところからロボ研部長が自分の好きなモノのための走るとこ見ていて最高に楽しかった。

その後のついに完成した映像研の作品が流れると共に水崎両親の娘への理解に繋がるシーンも最高。文句無し、完璧な1話です。
#単話評価
映像研の8話は何回も見ちゃうな。

お祭りのむちゃくちゃっぷりも、製作されたロボットアニメも、映像のテンションが高くてとにかく楽しい。映像研たちの達成感が強く感じられて、熱い1話だった。
『映像研』8話、アニメで文化祭描写はいろいろあったけどまだこんな描き方があるのかという驚きがすごい。

そして毎回のことだけどこの内容が「アニメ」になってること自体に泣けてしまうよな。
映像研、8話の最後の「お友達?」に対する「仲間です」ていうセリフ聞いてなんかよく分かんないけどわーと涙が出てしまった

ゆるい馴れ合いじゃなくて、純粋に自分の生きてる理由のために進む同志なんだよね
はーー尊い…映像研すき…

映像研8話、すごく面白かった。
アニオリ要素も多かったけど、それが悪い方向ではなく良い方向に働いてるなー。全力疾走するロボ研すき。
映像研8話、全ジャンルのオタク泣いちゃうでしょこんなん…自分の「好き」には抗えない、抗わなくていいんだよ…
ネットで話題の記事




映像研8話やっと視聴

ロボ研の雰囲気がどっかの組織に似てるなぁと思ったんだけど、あれ特車二課整備班と同じノリだね

文系の人が汗だくで夢中に走るとそれだけで涙出てくる

学園祭ってモラトリアムだけど、当事者の中では世界の全てで自分の全てを賭けるものなんだよなぁとか思い出してまた涙w

映像研8話視聴感想。色々詰め込まれていて、楽しかった…。

何より、小野さんがロボダンボで走り回っているところが好きだわ。主役3人も今回も好きだわ…。
欲を言うならば、ロボアニメ、全編見たかった…。
映像研8話観たけど天才かな。エピソードの膨らませ方が抜群に上手い。

最終コマは原作とビタっと合うのに過程の膨らませ方や話の繋げ方が映像と物語がリンクするの本当上手い

映像研8話すごくよかったな〜。やってることが大掛かりすぎてワクワクした!

あと金森氏が「集客すれば絶対に売れる」と言い切るところ。作品と仲間をめちゃくちゃ信じてるじゃん!ってグッときた。
映像研には手を出すな!8話
これが2回目の最終回かな?前半のドタバタ逃走劇は見ててとてもワクワクしたし、ラストの水崎氏の「これはもう、どうしようもない」が超しびれたね

直近2話で水崎氏の好感度が爆上がりしてる。やっぱり物作りにのめり込んでるキャラが好きだな

映像研面白いなぁ🤣
なんか製作陣のこだわりというか「愛」を感じるなぁ。

最新8話の終わりのシーンで
「友達?」と聞かれて「仲間です!」って答えるシーン好き。
映像研8話ようやっと観れた。水崎さんの両親の我が子を思う気持ちが伝わってくるシーンとその後の家族の掛け合いのシーン良かったな。
映像研8話よかった!ツバメちゃん救われてるなぁと思ったのと、ロボ研部長の一瞬映ったくしゃくしゃの笑顔も。

みんな作品を創るのが楽しくて楽しくてしょうがない、ってのが伝わってきて最高でした
「作ってて思ったよ。わたしが生きるってことは、こういうものをひたすら作ることなんこれはもう、どうしようもない。」泣いた...水崎氏...😭(映像研8話観た)
映像研 8話
完成したアニメーションから魂を感じた。実際(現実世界)で作ってるのは水崎氏じゃないのはわかってるのに、水崎氏の演技や世界がそこにはあった。

水崎氏の演技哲学を徹底的に分析、理解してあのアニメーションを完成させたサイエンスSARUの方々に脱帽。
#映像研には手を出すな
映像研8話も相変わらず良かった~。
これ、舞台がリアルなごく普通の高校だったらこんなに面白い作品になってなかったかもしれない。

と思えるほど舞台設定が生かされてた回だった

#映像研には手を出すな
映像研8話、実写とアニメという垣根を取り外し、身体表現について語り切る、素晴らしすぎる回だった。
映像研8話、映像研原作の魅力をこれでもかと詰め込んだ回であると同時に、湯浅監督のアニメの魅せ方の総決算のような趣もあって本当良かったな。
映像研8話:純粋に、こういうこだわったロボアニメ、本当に見たいと思わせる回だった 本当に

上映前の話の盛り上げ方に宣伝を巡って色々やるのは冴えたアイデアだと思う

あの手この手で複雑な学校のロケーションとロボ研のキャラを活かせていて 1話からの問題は思ったよりあっさりだったがよかった

映像研8話  オマージュの部分が多いな~。今3周観たとこ。
ルパン、エヴァ、キルラキル、 まだまだ有る(確信
「映像研には手を出すな!」第8話。
アテレコに音響、段ボールロボット軍団。気づけば多くの仲間ができていた映像研。今までで一番グッときた回。
映像研第8話の伏線回収っぷりとカタルシスがすごい。水崎氏かっこいい。まだ最終回じゃなくてよかった


映像研には手を出すな!(5) (ビッグコミックス)
大童澄瞳
小学館

¥605【2020年02月27日12時13分現在】


ネットの注目記事