ランウェイ119




アニメ「ランウェイで笑って」6話の感想や評価、反応・実況、面白いかつまらないか、ネタバレ・内容、評判などをまとめました!!


※2月15日放送の第6話「優越感と劣等感」の感想をまとめたものです。

6話のあらすじ・内容
参加者が自分でデザインした服を披露する芸華祭一次予選。育人が選んだモチーフは審査員の予想を大きく裏切るものだった。審査員たちの育人への評価は……⁉ 一方、夢に向かって突き進む育人に感化された千雪も、自分の力で道を切り開こうと片っ端からモデルの仕事先へ自らを売り込んでいた。

(C)「ランウェイで笑って」猪ノ谷言葉 講談社 ランウェイで笑って製作委員会

ランウェイで笑って6話、育人が「僕は長男だ!」って言って炭治郎が頭をよぎったやつ沢山いるでしょ
ランウェイで笑って 6話 無事に本戦出場を決めて遠のブランドにも歓迎される育人、一方でオーディションに落ち続け、心という才能の塊と出会い劣等感を抱く千雪、この対比に心が痛む。

そういえば今回のタイトルは「優越感と劣等感」だけど、優越感の描写ってあったっけ?

ランウェイで笑って 6話

千雪のトレンドの分析力と自分の売り込み能力が高くて驚き
すごい。。
ランウェイで笑って6話観た。芸華祭一次予選育人の嗅覚が発揮された作品だなと思った。
今回は千雪サイド多めだったけど育人と千雪は離れてても繋がってる感がでてて良きでした。

ランウェイで笑って 6話
心と千雪が接近。なるほど、こういう流れか。そして二人の共通する気になる存在は育人。育人を思い出した時の千雪の顔がもうそれですよね🤭

育人は才能あるのに経済的な面、千雪は身長、心はメンタルでそれぞれ葛藤を抱える。どうやって克服していくかがミモノです。
pic.twitter.com/B4BN1toh2P P
ランウェイで笑って6話ひとつで二度面白い物語
ランウェイで笑って
6話
セイラに似合う洋服✨👗👠
育人はパジャマを作る💡
綾野さんと育人はライバルだな😄
心ちゃん可愛い🍀

ランウェイ6話、営業塩対応されてる千雪のメンタルの強さが眩しい
ランウェイで笑って 6話
1次予選、たしかに賛否ありそうな決め方だけどまあそれがデザイナーって仕事なのかもなーって思いながら読んでた記憶w

Bパートはなんかいつもより丁寧にやってた気がしてよりよかった
ついに千雪と心ちゃんが出会った、さて続きも楽しみだ

ランウェイで笑って6話。千雪側の話が観たいと言ってた矢先に来たな。スポーツアニメ以外で体格差覆す話ってとっさには思い付かないし千雪の方が気になるのよね。
ランウェイで笑って6話感想
どんどん結びついていく世界
千雪ちゃんが例の編集者や心ちゃんについに接触
果てしない才能を持った心ちゃんとの出会いで一波乱ありそうな予感

また育人の方も次のステップへ進もうとしている
それぞれのサイドを繋ぐ心ちゃんの存在感が増してきたね

#ランウェイで笑って pic.twitter.com/qyU6yebqG5
ランウェイで笑って6話
育人を支えるのはいつでも大好きって気持ちと千雪の言葉

自分ではどうしようもない現実に叩きのめされつつ出来ることを全力で頑張る千雪
もがく2人の奮闘は毎話目が離せない
『ランウェイで笑って』6話みる。ナルトの中忍試験でみた。
自分のセンスを信じるのも大事だろうけど
クライアント(審査員)にあそこまではっきりダメ出しされたら直す判断もデザイナーには必要だと思うのでモヤっとするが、白紙で突破したナルトよりはマシか。心ちゃんは天使。

ランウェイで笑って6話、育人と千雪の2つの視点を1話にまとめてるのにめちゃくちゃ話が濃くて面白いの純粋にすごい、ちょっとご都合感あるけど
ネットで話題の記事




ランウェイ6話。次のステップに進む事ができた喜びも束の間、育人に立ち塞がるのは「経済力」の壁。
そもそも、専門学校に通える人らは才能だけじゃなくて圧倒的な経済力の余裕があるボンボン。お金が無ければ才能以前の問題というアメリカンドリームの本質。
#ランウェイで笑って
・ランウェイで笑って第6話
またしても発揮された花江ボイスによる長男力(笑)

郁人も千雪もどんどんと先へ進む。挫折を味わいながらも…

#ランウェイ
ランウェイで笑って6話、ようやくモデルの2人が出会ったのでOPラストっぽい雰囲気になってきた
ランウェイで笑って
6話も面白かったけど
後輩ちゃん役のMBSのアナウンサーは何かの企画で出てるの?
もうちょい上手い新人声優さんとか使ってあげてよ
下手なのは聴く方も嫌だし

#ランウェイで笑って
ランウェイで笑って6話もすごい面白いのと、花守みゆりちゃんの演技がクセになるわ〜
ランウェイで笑って 第6話
 
千雪ちゃんしか見ていないからけれどもこんな可愛い笑顔のモデルでも落とされるって、必要とされる基準は違うと別の世界が見える。厳しい。育人も厳しくも優しい助言をしてくれる人に囲まれ、正確にも前を向いてがきながら進むしかない日々が続く。
#ランウェイで笑って
[視聴メモ] ランウェイで笑って 6話「優越感と劣等感」
 
テーマから言っても爽快に吹っ飛ばすような話にならないのは当然だけど、”地味にシンドイ”展開が続くなぁ(^_^;) どこまでリアルなのかは部外者には見当もつかないが、モデルは営業も自分主体でやるのか。 MBS
「ランウェイで笑って」第6話:本当に強さが試されるのは、NOを突き付ける事よりYESと言う事。あの場で他の服を誉めるのはかなり勇気がいる。

育人のKYさがプラスに働いたという感じ。一方、千雪は本命からあからさまに扱いを変えられる屈辱の中へ。ある意味、千雪は覚悟を試されている。
ランウェイで笑って 第6話観た。それぞれの制約。お互いにそれなりの能力があっても、業界的にいろいろな制約があり、つたない継ながりを元に売り込みをして、そのためにいろんな形で持ち出す必要があってと、フリーランスあるあるで大変だわ #ランウェイで笑って #TBS
ランウェイで笑って 6話感想
原作から端折ってる部分もあるんだろうけど、とんとん拍子にことが進む
テンポもいいし、構成もいいと思うし、凄い面白い
育人はまさに全力前進、千雪は躓き気味だけど持ち前の行動力でカバーしてる
次回は心と千雪か、天性のモデル体型と存在感

#ランウェイで笑って
ランウェイ、最新6話で芸華祭1次予選終了。話数の都合だからか、恐ろしくスピーディで途中エピソードカットしまくってる感。

マンガ読み直さないと分からないけど、心さんが柳田さんにボコボコにされる話とかマネージャーの過去の話とかガリガリ削られている気がする。あれはもう少し先だったか??
みなさん言われてますけど花江くんが「僕は長男だから!!!」って言うランウェイ6話いいところなのに笑っちゃったよね
ランウェイ6話見た
千雪のメンタルが本当にすごい

モデルをやってく上で身長が低いっていうのは無理に等しいのにあんだけ酷いこと言われても周りの目を気にせず真正面から突っ込んでいけるっていうのはまじですごい
俺ならすぐ折れてる



ランウェイで笑って(14) (週刊少年マガジンコミックス)
猪ノ谷言葉
講談社

¥462【2020年02月17日00時49分現在】


ネットの注目記事