映像120




アニメ「映像研には手を出すな!」6話の感想や評価、反応・実況、面白いかつまらないか、ネタバレ・内容、評判などをまとめました!!


2月10日放送の第六話「前作より進歩するべし!」の感想をまとめたものです。

6話のあらすじ・内容
映像研は文化祭で上映するロボットアニメに取りかかった。今回は美術部が背景を手伝ってくれるという。オープニング曲はロボ研が作曲、劇中の音楽は水崎が知り合いに頼むことになった。金森は、効率改善のためにPCの調達に動く。関わる人数が増えていくことに不安を感じる浅草。さらに、音響部についての情報がもたらされ、金森と浅草は部室を訪ねる。そこには膨大な量の音源を守る音響部唯一の部員、百目鬼(どうめき)がいた。
(引用元・アニメ公式サイト)

(C)「映像研には手を出すな!」大童澄瞳 小学館 「映像研」製作委員会

映像研6話、構成の妙と音響が光る回でしたが、金森氏の作画は何があっても死守するという、浅草氏の緩さとのバランスはどうなんだという😂
映像研には手を出すな! 6話。文化祭に向けてアニメを作るエピソード。いかにも退屈になりがちな話ではあるものの、音響部や美術部を巻き込んだり浅草氏の中でのロボットの解釈だったりをテンポよく組み込んでるので全然退屈しなかった。 #eizouken_anime #映像研
映像研、6話の髪の毛結んだ金森氏が好きすぎる
『映像研には手を出すな!』第6話「前作より進歩するべし!」

映像研は文化祭で上映するロボットアニメに取りかかった。金森は、効率改善のためにPCの調達に動く。関わる人数が増えていくことに不安を感じる浅草。

#映像研 #eizouken_anime pic.twitter.com/EBw1hQGtug
『映像研には手を出すな!』6話
おんもしれーッ!嘘は描きたくないっていう浅草氏の実直さと、俺たち全員がお前に惚れてんだから好きに描けと活を入れる金森氏の乱暴な愛情のコントラストがたまらん。30分があっちゅーま。
映像研には手を出すな!6話
集え制作陣。背負えよ責任。お前がやらずに誰がやる!な話
金森氏大奮闘。プロデューサーとしての責務を全うしている様子。手段は知らんけど。
浅草氏は自由奔放にやらせると良い奴な。時々手綱を引いてあげてモチベをコントロールさせるのが大事なヤツ。

#映像研
映像研6話まで見たぞ~~~ほんと面白いなこれ 金森氏が頑張って環境整えようと尽力してるのにクリエイター2人が自由すぎてギーッてなってるの良い 頭キレるのに苦労しますね
「映像研には手を出すな!」6話 クオリティやリアリティを追及したい浅草氏と水崎氏を、なだめてすかして脅してコントロールする金森氏w 音響部や美術部も巻き込んでロボットアニメ制作進行中! 音響部とのやり取りはちょ~ワロタ^^; やっぱおもろいな~^^ pic.twitter.com/HHbbdY3H60
#映像研に手を出すな 第6話視聴。

四話までは、「映像研」のメンバー3人と、「映像研」を公的に認めてもらう審査会用の作品作りを通してアニメづくりの基礎知識を視聴者に説明。五話を見逃したが、六話から当初の3名以外のスタッフが登場。いずれも自分の専門にこだわりのある者ばかり。楽しみ。
映像研には手を出すな! 6話見た
金森氏が疲れて寝てる!人間だったんだ
ロボアニメの代案のバギーアニメ、それはそれで面白そう
#映像研
映像研6話
SEも入れられるようになってロボットアニメ完成が楽しみ。音は漫画じゃ味わえないからアニメの醍醐味。さすがにフリー素材のSEは笑うしかない。いつもサラッと見てるアニメだけど膨大な苦労が詰まってると実感する #映像研
映像研の6話見たてたら金森さんのツッコミがキレッキレで笑ってしまった
映像研6話を見た 金森氏はいつの間にか他の部へ単騎出陣しているのがすごいなぁ 話したいこととそれに対する相手の反応を考えてから出陣するから、恐れがないんでしょうね…
映像研には手を出すな 6話
金森氏は有能すぎる。アニメは絵が描ける人のみで出来ているのではないんだな。更にこの高校がすごいのは美術部は当然としても音響部とかアニメに関係する部が偶然にもあることだ、そしてとんでもないライブラリ、凄い。JKには不似合いなラーメン屋の1シーン、良かったです。 pic.twitter.com/W2DZMr58pj
映像研6話は、美術部との打ち合わせ中、浅草氏が心折れないようにうさちゃんをポッケに入れてあわあわ応戦してたのがとても可愛くてよかったわ。
アニメ版映像研6話、原作エピソード複数話分盛り盛りでしたな。
映像研6話
金森氏の啖呵がいちいち痺れる。
まとめ髪する仕草が可愛い。
そして相変わらず超有能。
ほれてまうやろー。

ネットで話題の記事




映像研6話で金森さんが浅草氏に言い放った言葉が名言すぎて久々にアニメ見ててビビーンッッてきてしまった。「あんたがダメだと思うからこの作品はダメなんですよ。他人なんて関係ない。あんたはあんたが満足できるロボットを好き勝手描く以外の選択肢なんて無い」これ創作でも当てはまるよな〜
映像研には手を出すな!6話 視聴・・・眼鏡簪金森氏見れたー 音響部も美術部もクセあるキャラだなぁ~ 美術部は悪気はないが言い方キツいタイプかw二人とも乗れば筆が進むタイプ..乗るまでが大変かw金森氏の胃がヤバくなりそうだ.. ロボット警察は草
映像研6話、浅草氏が詰められてウッ…グッ!!となるシーン良かった。金森氏にお前の絵はスゴい!と言われ、「絵を描かない人間はみんなそう言うんだ!!」ってところも良い。とても良~~
映像研6話を見る。
毎話、毎話、本当に名台詞のオンパレードでグッときまくり。

水崎「アニメーターは月に500枚かけて一人前らしいけど、アニメの絵は必要な絵を必要な技術で描く義務があるから、1日1枚自由に描くお絵描きとはわけが違うんだよ」
映像研6話、原作ではロボアニメ制作後から登場の百目鬼をもう出してきたり美術部との交渉シーン追加したり、結構原作と変えてきてて良いね...
映像研には手を出すな!を見てるとめちゃくちゃワクワクするな…
6話も各々のこだわりと金森氏の作り出す土台の安心感と最後の叱咤が心地よかった
あまりにも続きが楽しみ
原作も買いたいな

「映像研には手を出すな!」比較的アニメオリジナルの脚本部分が多いけど、第6話の美術部員はアニオリキャラかな?確か原作では出てなかった気がする。
映像研には手を出すな! 6話

制作中の作品の根本部分に疑問を抱いてしまう浅草氏の手綱をがっちりと握る金森氏。アクション画を得意とする水崎氏も含め、3人のバランスが絶妙すぎる
映像研6話を見た。もう引き返せない段階で、作品の大前提に迷いが生じてしまう浅草氏。彼女への信頼と責任を明らかにして鼓舞する金森のセリフが良い。
音響の重要性のくだりもなるほど感がある。いいチームだな
映像研6話やっと見た。
音響担当と背景絵の助っ人が増えて、アニメは3人だけじゃ完成しないことがとてもわかりやすく伝わってくる。
絵を描かない金森氏の重要性も。

アニメ映像研6話、感動しました。
今までを根底から覆していくのか、ひっくり返せないとして変に諦めるのか、それとも擦り合わせて折り合いつけるか

そういう戦いだった
映像研第6話録画視聴。かなり話進んだな。百目鬼氏の登場がだいぶ早い。コミック手に持って見比べながら見てしまった。
映像研には手を出すな!第6話視聴。
終盤の展開はネタ作ってる人間の末端としては共感しきりだった。
考える程に自分が考えた設定への矛盾・懸念に陥っていく。万人受けするモノは作れない、周りの声をスルーする胆力もない。だからこそ自分を信じて満足できるモノを作るしかないのだ。

お休みなので朝から録画映像研6話。設定の袋小路に迷い込んだ浅草氏を金森氏が叱咤して抜けださせるシーンを観て過去名監督と呼ばれる人たちが駄作の山を築いてきた理由の一端がわかってしまった。金森氏は大事だなあ\(^o^)/
映像研の6話はとても面白かった。浅草さんが探検して目がキラキラして饒舌になってて良かった。ロボットはやめようって言って金森さんにダメだって言われて「できたアニメがつまんなかったら全部お前のせい」と言われて倒れて復活してまた放牧の流れが好きだ。エンディングが今までで一番染みた。
映像研6話。今回も面白かった。
金森氏の有能さが顕著な回だった
映像研観てると金森氏が製作進行プロデューサーとして優秀すぎて辛い
すっごい面白いからこそ台詞がいちいち刺さりすぎて観終わるころにはライフゼロになってる
特に6話はやばかった クリティカルヒットだった



映像研には手を出すな!(5) (ビッグコミックス)
大童澄瞳
小学館

¥605【2020年02月11日20時21分現在】


ネットの注目記事