映像120




アニメ「映像研には手を出すな!」第四話の感想や評価、評判・レビュー、ネタバレ・内容、あらすじ・反応、面白いかつまらないか等をまとめました。

※1月27日放送の第四話「そのマチェットを強く握れ!」の感想をまとめたものです。

4話あらすじ・内容
予算審議委員会で上映する短編アニメに取り組む映像研の3人。しかし作業はなかなか進まない。風景だけのカットを入れたり見せ場を繰り返すなど、浅草がテクニックを駆使するが、動きの細部にこだわる水崎の作画の遅れは取り戻せない。金森は、脅したりすかしたりして妥協案を提示する。そして迎えた委員会の日。相手となる生徒会は、「生徒会には手を出すな」と言われるやっかいな存在だ。映像研は予算を獲得することができるか?
(引用元・映像研には手を出すな!アニメ公式サイト

苦悩しながらもアニメを完成させ部への予算が下りたとても熱い回でしたね。各所で神回と評判でした。

(C) 「映像研には手を出すな!」 大童澄瞳 小学館「映像研」製作委員会

映像研には手を出すな4話!
ずっっっっっっっごいよかったよ!!
完成した作品のシーンやばかった!!
あと安定の金森さん良き
映像研には手を出すな!4話見ました
初めて作品が完成して本格的に活動がスタート、ものを作り出すワクワク感をうまく描いていて見ているこちらも楽しくなってきます

映像研には手を出すな!4話感想
ついに予算審議
何とかいい作品出せて予算承認勝ち取ったのがよかった!
pic.twitter.com/9h3IpwcOmG
映像研には手を出すな4話、これもはやクリエイター必修レベルでは…。 ディレクターとプロデューサーのスケジュールと作品品質の調整でプロダクトがガンガン変わっていき、作品がブラッシュアップされていく。
「映像研には手を出すな」4話見たー!モノ作りの世知辛さと、それを超えた先にある圧倒的世界。それでももっとやりたい、やれるっていう貪欲さ。とんっっっでもなく面白くてワクワクが止まらなくて最後はゾワッゾワに鳥肌立っちゃった!すんばらしいね。びっくり😳
映像研には手を出すな!4話を観た。今まで3人の頭の中だけで動いていた絵が、こだわりと妥協と試行錯誤の末に実を結んで衆目を驚かせた。泣いた。しかし当の3人は予算をもぎ取ることも忘れ作品に感嘆している観客すらそっちのけで、もっとああしたいこうしたいと話し始めていた。好き。
アニメ「映像研には手を出すな」4話、最終回かと思った。毎回台詞回しが面白くて好き。
映像研には手を出すな! 4話
三人三様の理想と理念と知識と努力。三つ巴でせめぎ合ってモノを形にしていく工程、葛藤が面白いと感じると共に先人の知恵と苦労に感謝。
情を理で押し留めて作品を完成させた替わりに、委員会では理だけでは通らず、情で場を捻じ伏せるのはちょっと感動した。

映像研には手を出すな!4話視聴、背景へのこだわりと作画節約テクニックで貢献した浅草氏、ギリギリまでクオリティを上げようと粘ってくれた水崎氏、現実を直視した上で2人にできる限りのサポートをし続けた金森氏、3人の努力の結晶に感動!! pic.twitter.com/SEczIKI3Xg
アニメ版「映像研には手を出すな!」4話。
予算(コスト意識)、納期(時間管理)、営業力、これがないと、素晴らしい作品であっても社会的な価値を持てないということが描かれていて、これは教養番組でもあるよ、と思った。
『映像研には手を出すな』 4話
金森氏すばらしい。完全に彼女が映像研の要。お金の段取り、制作進行管理、政治的立ち回り。
天才肌のクリエイターだけではダメ。金森氏みたいな人がいないと組織は回らない。
#映像研には手を出すな
映像研には手を出すな 4話
妥協を重ねてなんとか当日朝
予算審議に映像が間に合う

生徒会が曲者で発表前に難癖をつけられる映像研
金森氏の屁理屈で抑え込めたかに思えるも
生徒会ガングロが割って入りピンチ

が浅草氏のなんだかわかんない口上(笑)で
上映許可、観客を引き込み無事承認された

映像研には手を出すなの一巻の最後のシーンでもあり4話のシーンの生徒会の会計が「こいつらに予算渡したらどうなるんだろうな」と言う言葉が本当に泣きそうになるくらい好き
映像研には手を出すな! 4話
クリエイター達の拘りとプロデューサーが大事にしたい期限
限られた時間の中で、思い通りの作品を作り上げる難しさと工夫を知れた1話
上映会は此方もワクワクさせられる圧巻の映像でした

#映像研 pic.twitter.com/0jUlHuZw0K
映像研には手を出すな!、第4話見ました
登場するメカにはレオナルド手稿をモチーフにしたものが多いですが、一方で、制作する作品は究極の完成を求めず、まずは形に仕上げて提示する、という3人の進め方が良かったです
映像研には手を出すな!4話
創りたいという衝動、更なる高みを目指す欲望、奴らはまだまだ成長中!な話
真の意味で「限られた手段の中で全力を尽くす」をやり切った映像研。
没入感を表現するための空想と現実が入り交じった描写はアニメらしい誇張表現だったなと。

めっちゃおもろいよ〜。
#映像研
映像研には手を出すな! 4話

理想を諦めることがなかなか出来ない2人と、現実が見えてる金森氏のバランスが凄く好き。
どっち視点の感情も共感出来たからもどかしかった。
そして待ちに待ったあのシーン。
鳥肌ヤバかった最高すぎた…

感想戦に金森氏もガッツリ入ってるのが凄く良かった。

#映像研
映像研には手を出すなの4話を見ました。

「自動中割りソフト」とか聞いたことの無い単語出てきたし、
金森氏の有能さというか、カリスマ性というか……

浅野氏と水崎氏だけだと予算審議までに完成が間に合わないだろうけど、金森氏がいると安定感があるというか……
映像研には手を出すなの4話浅草氏が半べそで生徒会をまくし立てるシーンはアニメ制作への本気度が凄いんだなって思った。
「映像研には手を出すな」第4話「そのマチェットを強く握れ!」そのテーマ性が三谷幸喜のドラマ「風雲児たち」に通じている。後世のために完璧な「解体新書」の翻訳をしたい前野良沢と今の医学の発展のために完璧じゃなくとも出版したい杉田玄白。アーティストとプロデューサー気質の戦い。
「映像研には手を出すな!」第4話。今回の目玉は生徒会の前で上映されたフィルムにある、とみられがちかも知れないけど、個人的にはフィルム上映前の浅草氏の啖呵を切るシーンであり上映後の3人娘の冷静に批評してるシーンなんだよな。
ネットで話題の記事




「映像研には手を出すな!」第4話までで原作1巻使ったって事は全12話で3巻までの内容で終わるんだろうな。その方がキリが良い気はする。
「映像研には手を出すな!」第4話。ここに来てアニオリの方向性がかなり急激に原作をアレンジする方向に来てる感じがする。それは「アニメ制作」の部分で。原作でもPCは使ってるけD基本手書きな感じだけどアニメではかなりPC使っての制作になってる感じで。それがラストの発表動画の質にも出てる
「映像研には手を出すな!」第4話。一見するとさかき・ソワンデが生徒会長に見えるけど実は生徒会書記。生徒会長の道頓堀さん地味めな感じで。そのバランスがまた良い。
4話観て映像研には手を出すな!が
自分の中で今季圧倒的覇権アニメ
になった…………こだわりと現実の
狭間にある葛藤と妥協…………

胸を熱くさせられますよね………

「映像研には手を出すな!」
第4話前半で尺を伸ばすために浅草氏がいろいろアイディアを出して委員会で流す映像が完成したわけだけど、それを踏まえてOPを見ると、同じカットの繰り返しが多用されてたりで、妙に感心してしまった。
アニメ感想
映像研には手を出すな! 4話

完成試写会
生徒会も納得の出来な作品を仕上げて来た!

それもこれも
金森氏のマネジメントのおかげと言えましょう
現場ではクリエイターのケツを叩きながら締め切りに間に合わす才腕
凄えなコイツ

映像研には手を出すなの4話、凄まじかったな……神がかってた……演出といい、これまでの話を全部余すことなく意味のあるものに仕立てあげた技量といい、素晴らしいの一言に尽きる……久しぶりにパワーを感じるアニメを見ている気がする。
映像研に手を出すな!
第4話鑑賞。
モチーフはアニメ製作だけど、ものづくりに共通する作る楽しさに溢れていて面白い!
映像研には手を出すな!、4話の影響でめちゃくちゃ金森さん過激派になりかけてる自分がいる……再放送でもう1回金森さんが最高だったことを理解するか…
『映像研には手を出すな』第4話がストーリーも最高なんだけど、一番最後にオレの大好きな石黒正数先生がイラスト提供してくれてるのが最高過ぎるんよな。
映像研には手を出すな!がすごい面白い
4話は金森氏の存在の大切さを感じられるし、流した映像を見て、
妥協した部分が分かってクスッとなる。描きたい人が、描きたいもの同士が集まっただけじゃ成り立たないってのが、すげーわかる。
こーゆーアニメを私は見たかった気がする

『映像研には手を出すな!』4話。本作は演出を楽しむアニメなんだなと思った。だから週一で見るのがちょうどいい。連続で見ると食傷気味になる。原作は漫画らしいけど、この味わいをどう出してるのだろう? #映像研
『映像研には手を出すな!』個人的に4話がすごくいいシーンがいっぱいあって良かった。金森氏を頭の中に置いておきたい。毒舌にマネジメントして欲しい。
映像研には手を出すな! 第4話
 
遠慮容赦ない理想と現実はこうという叱責が飛び交う。相手の言っている事も分かるがこちらも意見を何とか通したい、と意見を競わせる。やりたい事を苦悩し妥協と不屈を繰り返しつつ遂げて、その上で予算を勝ち取りに行く友情努力勝利の素晴らしい過程だった。
#映像研
映像研には手を出すな、4話、圧巻でした。壇上で改善点を話しあう三人。
「映像研に手を出すな」第4話見た。涙出た。
若さはなくても僕も今からああいう感じでやっていきたいな
映像研には手を出すな!の4話でかなりアツくなってきた。始めから結構おもしろかったけど。
『映像研には手を出すな!』4話よいねぇ、金森さんみたいな現実が見える人がいるからこそ完成する。水崎氏の頑固な職人気質なところも浅草氏の専門分野での情熱、知識ももちろん必要だけど。まあ1人としてかけてはならないし皆有能で最高ってことなんですけどね
映像研には手を出すな!4話すっごかった。自分もがんばんないと。
『映像研には手を出すな!』第4話視聴。掛け値なしの神回やね。アニメ制作に対する理想論と現実派のぶつかり合いが熱すぎる。観てるだけど鳥肌が立つくらいワクワクした。「こいつら、予算無くてもやるタイプじゃん」って言葉にすべての真実が込められてる気がする。#映像研
映像研には手を出すなの4話すげー面白い。
こんなにも情熱を注ぐ対象が俺には無い。
恐らく大多数の人に無い。
そんな教育を受けてきたからかもしれない。
映像研には手を出すな!4話の録画見終わり、なにこの楽しさ!劇中アニメもいいけど暴走しがちなアニメーターをまとめる監督役を描く所がいい味出しとる!


映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)
大童澄瞳
小学館

¥605【2020年01月28日22時29分現在】


ネットの注目記事