百姓貴族1205




漫画「百姓貴族」6巻の感想や評判、レビュー・口コミなどをまとめました。

百姓貴族」とは「月刊ウィングス」(新書館)で連載中のエッセイコミック。(著・荒川弘)

「鋼の錬金術師」の作者荒川さんが北海道農家の日常を紹介していく話。安定した面白さでファンを増やし続け発行部数は6巻で260万部。

そして最新6巻は11月25日に発売されました。今回もまた牛のいじめ問題など様々なネタを扱い好評の様です。その他、特装版には荒川先生のフィギュアが付いてくる様でそちらも喜ばれている様です。
(一応、6巻のアマゾンレビューはこちら)


百姓貴族6巻。ものすごい仰天エピソードは少なかったものの、ドローンや技能実習生等、時事トピックが随所に散りばめられており勉強になった。最後爆発する食べ物とは!!??
#百姓貴族
荒川弘『百姓貴族』6巻読了。地震の件しかり、ニュースにない農家のいろいろが見えるなぁ。
『百姓貴族』6巻。他作品の休載は家族の介助という話だったが、早々に回復し、農作業を手伝っていたような感じ。もちろんコミカルにしているとは思うが、思っていたより悲壮な感じではなかったので良かった。地震もそこまでの悪影響ではなかったようで何より。
百姓貴族6巻読んだぜ

相変わらずネタが漫画みたいで面白かったw
百姓貴族6巻を読む。いつも通りのお気楽なノリではあるけども、そのノリのまま黒いことをサラリと描いてくるので油断ならない。何ページ描けるか聞いたのは多分K談社だよなあ…あと作者の家族の近況がマジで笑えないものだったけどどうか無事でありますように。
百姓貴族6巻読んだ、冒頭からヒィってなりつつやっぱり安定して面白いなー 軍手欲しいから年末のWINGSは買おう……
「百姓貴族」(荒川弘・新書館)6巻読了。
なんとゆーか、とてつもなく大変な事態に追い込まれているのにマンガ書き続ける漫画家生命力の高い(高くみえる)作者に涙。終わっちゃった銀の匙が農業へ進む話、百姓貴族が離農の話になってしまうのか?
でも、ちゃんとものすごく笑えるギャグエッセイ、凄い。

百姓貴族6巻に出てくる『生でんぷん』、その昔、知り合いのおじいちゃんが話していたおやつと食べ方が同じ。実際に食べたことがないものでずっと謎だったから、密かに感動……。
荒川弘「百姓貴族」6巻読了。漫画業界もなかなかのブラックだよね。北海道地震はほんと冬じゃなくて良かった。山の斜面のソラーパネル話と興味深い。一次産業の厳しい話を聞くのは辛いものがあるな。クマ怖い。
荒川弘の百姓貴族6巻が発売されてて即買いしてしまった。
百姓貴族おもしろい、北海道あるあるありすぎてほんと好き(´◉ᾥ◉`)
農家じゃないけど所々気持ちわかるw
〜本屋にて〜
「( ゚д゚)ハッ!百姓貴族6巻!!!」
「買おうかな(・・*悩)。。oO」
「…なんだこれw」 pic.twitter.com/zDMl9UB4J5
百姓貴族の6巻めちゃ面白い。色々とあったようだけど、連載が続くようで嬉しい
百姓貴族6巻、昨日息子が買ってきたんだが、作者がヘルニアやった時の各出版社の対応がなぁ( ̄▽ ̄;)

因みに連載中なの百姓貴族とアルスラーン戦記と銀の匙だったから、ここ最近の荒川さんの仕事から考えてABCどの出版社がどれかおおよそ予想がつくんだよね( ̄▽ ̄;)
コミック出てたのはあの出版社…

百姓貴族 6巻
荒川弘さん
読んだ
飼い犬のお話があって良かった
百姓貴族の6巻読み終えました。
牛社会にもいじめってあるみたいですが、そういう牛は他の牛の邪魔になるようなので先んじてドナドナされるそうです。
パワハラ行為をされて自身の経済活動を妨げられているのにその相手がなんの処分も受けないような職場は経済動物以下の環境ってことだね。
百姓貴族6巻を読む

野生化した牛は凶暴なのかー

うーん、雫ちゃんの二次創作妄想が唸るわぁ
百姓貴族6巻読んだ。
相変わらず親父殿すげぇw
昔、珍百景という番組で親父殿らしき人物を見たことあるんだけど、結構体格が細かった記憶が…
うち亡き祖父と大伯父も割と親父殿ほどでは無かったけど、タフな人が多かったからかやっぱ、戦時中を生きてきた世代って化け物級に頑丈なんだなと思っちゃう
荒川弘さんの「百姓貴族」6巻で、「搾乳機はモッツァレラ作ってる水牛農場にもらわれていきました」ってさらっと書かれていたんですが、北海道で水牛飼育してモッツァレラ作ってるのって、あの方しか思い浮かばないんですががが。
百姓貴族6巻読了
逞しさ羨ましい
俺この人の漫画これしかみてないな
百姓貴族6巻読んだ。とても身近な話なので分かりすぎるし、笑えるシーンてんこ盛りで1人ケラケラ笑ってたら旦那から不審な目を向けられた。今回はマダニだね…勉強になったよ。迂闊に山歩きしちゃいかんな。ヒグマも注意だ。
百姓貴族6巻読んだんですけど、あーー銀の匙 あーーハガレンって思うとこがありますね。
今、百姓貴族6巻読んでるけど子供にも容赦なくて好き。
#百姓貴族
ネットで話題の記事




え、百姓貴族6巻、特装版あったの…?
フィギュアちょっと惹かれる…
百姓貴族6巻読了。

デンプンをお湯で練って砂糖かけてるやつ子供のころ食べたわー

とか

じゃがいも買うの屈辱

とか

農家でもないのに今回も共感ありあり


銀の匙完結おめでとうございます!

#百姓貴族
#荒川弘先生
百姓貴族6巻の生デンプン玉のおやつ、なぜ爆発するのか分かった。大きいうちは表面にだけ火が通って皮を剥ぐように食えるけど、そのうち小さくなってくると内側にまで熱が通って水分が膨張、かつ外側は熱で固まってるから内圧で爆発するんだ…。
百姓貴族6巻もめちゃくちゃ笑ったわ…絵柄も私好みでめちゃくちゃ合う…
百姓貴族6巻読んだけど、荒川弘先生が大変な時に唯一ブラックな事言ったC社ってもしかしなくても

「講談社」でしょ

ブラック・・
別マガのアルスラーン戦記も心して読みますわ・・
百姓貴族6巻出た〜!何年ぶりだろう✨
ワタクシ、百姓貴族を読んで作者の荒川弘(ひろむ)さんに惚れ込み、当時連載終了間際の「鋼の錬金術師」を読み始めた変わり種(?)荒川弘さんの絵、作り込まれたキャラクター、作品全て大好きですが、(未読のものもあるけど)
何より死生観に共感致します。

『百姓貴族』の6巻、けもけも分不足(私様的な呼称、作中では毛ロス)の話があって吹いた。コレ本当にあるんだよ。
荒川弘先生の「百姓貴族」6巻読みました。先生のご実家が乳牛やめたら家族がめちゃくちゃ元気になったエピソード、我が家の祖父母が肉牛やめた時もそうだったなぁ、、、と改めて牛、というか家畜を飼育することの過酷さを思い出しました。
年数回寝込んでいたのが0になって畑と田んぼで頑張ってました
百姓貴族6巻のフィギュア付き
いいぞいいぞ!
何ともシュール

そして、やはり面白いぞ! pic.twitter.com/vVq9yswdf8
『百姓貴族』6巻購入。……「おさななじみにときめけない!」に同意せざるを得ないwwwwwwwwww
百姓貴族の6巻が出てたから買った 特装版がまさかの作者フィギュアっていうwwwどういうことなのと思いつつ通常版を買いました₍₍ ◝('ω'◝) ⁾⁾
荒川弘「百姓貴族」6巻読了。もう6巻になるのに、農家あるあるが、尽きないです。農家へのリスペクトがどんどんわいてきまっすね。
百姓貴族6巻読んだ
のうりんでも見た農クの歌に笑った
自分が経験してこなかった類いの体験談ってすごく面白くて好き。
農業のリアルをオブラートに包んで見せてくれる荒川先生の漫画は面白いだけじゃなく為になる

#百姓貴族
百姓貴族6巻にあった「FFJの歌」(いつぞやの朝ドラでも出てたらしいね)、農高出身の息子に聞いてみたら知ってたし、やっぱりFFJの歌は歌えても校歌は忘れてて歌えなかった。モロに農高生あるあるで笑った。
百姓貴族をすごい身近に感じたわ。
荒川先生が元気に漫画を描いてくれていることに喜びを感じるオタク
百姓貴族6巻フィギュア付好評発売中でございます pic.twitter.com/7AE2JyNS83
遅ればせながら、『百姓貴族』6巻購入。
毎巻面白さのクオリティが落ちないのがすごい…ネタの尽き無さと荒川先生のセンスが素晴らしすぎる。

個人的にツボだったのは犬ネタ。家を飛び出して1週間戻ってこなかったハスキーのコが戻ってきた時のネタが…(笑) よくぞ無事に戻ってきたねぇ…( ´△`)
百姓貴族6巻読めた。荒川先生こっちは休載無しで書き続けてくれとったんか…
「百姓貴族」6巻 荒川弘:首を切った鶏が駆け回るのって普通のことだったのか―。で、荒川農園は今巻で割と大きな節目を迎えたりしています。





ネットの注目記事