そしてバトン1118






小説「そして、バトンは渡された」の感想・レビューをまとめました!!

「そして、バトンは渡された」とは瀬尾 まいこ先生によるハートフル小説。

17年間で7回も親が変わったが全く不幸じゃなかった少女・優子の人生を描きます。

2019年本屋大賞受賞作品。


そしてバトンは渡された。読んだだけどまじでいい話よね〜(遅い)私も親になったら子どもへの愛みたいなのがわかるのかしら〜
そして、バトンは渡された
#瀬戸まいこ

複数の親に育てられた優子。複雑な家庭に育つ側と、育てる側。
これは辛い内容かと思いきや、心温まる小説でした。

スィーツが、とても美味しそうに描かれているので、コーヒーとスィーツを用意して、どうぞ。

#そしてバトンは渡された
『そしてバトンは渡された』読み終わったけど、読みやすいし面白かった。いー話し☝️
そして、バトンは渡された
瀬尾まいこ
親、家族のあり方について考えさせる
血縁がいないと不幸という
価値観を見直す作品
読みやすかった

そして、バトンは渡された 読了
それぞれの接し方は違ったけれど、どの親も大切想っていたことが伝わってきて、幸せな気持ちになりました❁
特に、少しズレているけれど最大の愛情と優しさが溢れてる森宮さんが凄く好きです😊pic.twitter.com/AnVjdQIw8c c
50)そして、バトンは渡された読了 後半にかけて愛しかなさすぎて読んでいてウルウルして胸いっぱいになった 親になること、子供を持つことって素晴らしいことだな〜森宮さん大好きだ
『そして、バトンは渡された』

・主人公の女の子には、父親が3人母親が2人いて、複雑過ぎでなんだか込み入っていて面倒くさいかと思いきや、みんな良い人で爽快です。
・納得の本屋大賞受賞作品、お勧めです。

「優先順位の一位は友達じゃない」と言う言葉が、然り、と胸に残りました。

「そして、バトンは渡された」
読み終わったー!たぶん何十年後かにもう一回読んだら今の三倍は泣く
やっぱり瀬尾まいこさんの小説はおもしろいわ。読み始めから読みいるもん。
『そして、バトンは渡された』とっても心が温かくなる話だった。いろんな大人が自分のやり方で愛情を表現してひとりの女の子を育てる過程に胸を打たれた。とくにうさぎドロップの最後にショックを受けた人におすすめしたい。 #うさ本
瀬尾まいこ氏の「そして、バトンは渡された」
第1章、高校生の優子ちゃんと父親となる森宮さんのやりとり、複数の父と母を持つことになったこれまでなどが淡々とほのぼのと描かれ第2章、彼女を慈しんできた無償の愛が押し寄せて涙😭タイトル名が見事に回収
#そしてバトンは渡され

そして、バトンは渡された、ふつうに読んでよかった。天邪鬼なことしなくてよかった。
そしてバトンは渡された読んだけど登場人物全員いい人すぎるし普通に最後泣いた。
#読了
そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ

"人と暮らすこと"って簡単じゃない。
自分とは価値観も性格も違う人と暮らすんだから、それは当たり前かもしれないけど…その難しさを目の当たりにした気分。
主人公は名字が何回も変わっているのに、何があっても前を向いて生きているのが格好良かったな
pic.twitter.com/DGhNCn6IuQ
瀬尾まいこさんの「そして、バトンは渡された」読んだ。
ほっこりする家族の内容で森宮さんのキャラクターに癒されっぱなしだった。
久しぶりに本読んで、小説っていいなーって思える一冊でした。
『そして、バトンは渡された』泣けた。出てくる登場人物みんなが優しくて魅力的で愛にあふれてた。読んだ後、家族を大切にしようと思わせてくれるあたたかい読後感。森宮さんと友達になりたい。瀬尾まいこさん、ありがとうございました。日曜の朝に多幸感もらったなう。いつか、バトン渡したい。
@212sheep その作品というか、瀬尾まいこさん作品大好きです✨
電車で号泣しちゃいますよね…
今更だけどずっと買って放置していた瀬尾まいこさんの、
「そして、バトンは渡された」を読んですんごい感動した。
こういう本好きだな〜。

(最近誰かが死んでから物語が始まる探偵ものばっかり読んでいたから😅)
最近瀬尾まいこさんにハマってるんだけどこれとてもよかった。。
会話が面白くて、登場人物がみんな素敵で、あたたかい話だった。
瀬尾まいこさんの物語はほのぼのしてて穏やかでいいなあ。


そして、バトンは渡された (文春e-book)
文藝春秋 (2018-02-26)
売り上げランキング: 3,201



ネットの注目記事